南カリフォルニア・マーケティング・ディレクター レベッカ・ミルキー 記

サンディエゴ自然史博物館からホーンブロワーの船長、乗組員、ボランティアの捕鯨船による成功の目撃情報と統計情報

ホーンブロワーがこの夏、クジラを発見したクルーズの割合* シーズン:99%。

173 シロナガスクジラ

9 ブルー牛と子牛のペア

ザトウクジラ29頭、ブリーチ3頭(撮影済み※)。

ナガスクジラ12頭

7 ミンククジラ

20,750 コモンイルカ

47 Risso Dolphins

13 ハンマーヘッドシャーク

5 Mola Mola または Ocean Sunfish

5 トビウオ

1 イカ

Brown Booby 3匹、Al-Footed Booby 1匹、Masked Nazca Booby 1匹(レア)

*ホエールクルーズでは、季節によりクジラとの出会いを保証しています。

*ザトウクジラのブリーチを撮影していないものも多数あります。

ホエールウォッチングでのその他の目撃情報-バンドウイルカ、カマイルカ、ウミガメ、マグロの群れ、ゾウアザラシ、ウミウ、アシカ、ブラウンブー、アシカ、アザラシ

サンディエゴのホエールウォッチングは、鯨の個体数が増加し、様々な種類の鯨が現れるようになり、毎年、より素晴らしいものとなっています。気候の変化もホエールウォッチングの成功や多様性に影響を与えています。

ホエールウォッチングのプロとして100年の経験を持つ船長が4人います。彼らのホエールウォッチングにかける情熱は、見ていてとてもエキサイティングです。オフィシャルイベントレポートやカスタマーサービスアンケートを読むと、彼らがどれだけ世界中のゲストと一緒に楽しんでいるかがわかります。

サンディエゴを訪れるゲストは世界中からやってきます。ホーンブロワーは、すべてのクルーズで年間25万人以上のお客様を受け入れ、ホエールウォッチングには毎年約6万5千人が乗船しています。イタリア、イギリス、ドイツ、アイルランド、スペインのヨーロッパ人が乗船し、カナダ人が乗船しています。(海外からの訪問者のリストはホエールレポートをご覧ください)

サンディエゴ自然史博物館から派遣されたボランティアの解説員「ホエラー」は、他のホエールウォッチング会社とは一線を画す、プロフェッショナルな存在です。ホエールウォッチングクルーズに乗船するホエラーズは、黄色いスリッカーズを着て、お客様と交流し、参考資料や地図、鯨のヒゲなどを見せて、ご家族やお子様に、より教育的で興味深い体験をしていただいています。 中には、ホーンブロワー号のボランティアとして10年以上博物館で働いている捕鯨家もいます。彼らの知恵、時間、経験を共有できるのは幸運なことです。

ホーンブロワーは海洋生物を尊重しています。

ホーンブロワーは、安全なホエールウォッチングのためのベストプラクティスを開発しました。また、イルカや渡り鳥の近くでも同様のガイドラインを設けています。私たちの船長は、遭遇するすべての生物種が異なる行動をとるため、適切なオペレーションができるよう訓練を受けています。

シロナガスクジラの特徴は、一箇所に留まって長時間鳴き続けることが多く、大抵は同じエリアに上がってくることです。 しかし、コククジラのように安定した予測可能なコースをとらないので、そのエリアに入ってじっとしているのが通常のテクニックです。 好奇心旺盛なことも多いので、もしボートに近づいてきたら、安全に遠ざかるまでギアから離れるようにします。どのような場合でも、クジラを追いかけたり、近づきすぎたりするなどのハラスメントは許せません。 この方針は、すべての船長に徹底しています。

ホーンブロワークルーズは、NOAAおよびNational Marine Fisheriesとのパイロットプログラムを完了したところです。 私たちのクジラに対する愛情や敬意、そして提供できるデータに基づいて、私たちの会社が選ばれたのです。

キャプテンからの今シーズンの感想

チャド船長のクジラに対する情熱は、HCEの経営陣へのプレゼンテーションを成功させ、SD HCEがシロナガスクジラのウォッチングを開始するきっかけとなった。それ以前は、冬のコククジラのみであった。

チャド船長:私の印象では、今年はクジラが岸に少し近づいたような気がします。 昨年は9マイルだったのに対し、今年は6マイル。 クジラの数も今年は少し多く、さらにザトウクジラも多く見られたようです。 これを確認する方法はないが、毎日同じクジラを見かけるような気もする。

シロナガスクジラとコククジラを比較するのは難しいです。 コククジラは文字通り「南下」「北上」するので、ボートをクジラの後ろに位置させ、コースとスピードをほぼ一致させることで良い景色を見ることができます。 シロナガスクジラの場合は、クジラが深く潜った場所の近くにボートを置き、ボートの横に現れるのを待つしかない。 幸いなことに、クジラはボートの影響を受けず、かなり近くに寄ってきてくれるようです。 ブルーの時間帯は気温が高く、平均して海は穏やかです。 イルカやサメなど、他に何がいるか見るために、30分余計に時間が必要なのがいいんです。

アドベンチャーホーンブロワー号はホエールウォッチングに最適な船です。他の船でクジラはやりたくないですね。

私は、サンディエゴ自然史博物館の捕鯨船が大好きです。 ボランティアの中には、お客様の思い出に残るような体験をするために、本当にわざわざ来てくれる人もいます。 私は、湾を出るときに、最初にお客さんにいろいろな情報を提供します。 そのあと、ウィングステーションまで行って、そこからドライブするんです。 私が外にいるときは、捕鯨船に質問するのと同じように、何でも聞いてくださいと皆さんにお伝えしています。 みんなに楽しんでもらえるよう、双方向のコミュニケーションをとっています。夏にシロナガスクジラを見ることができ、それが成功しているのは嬉しいことです。 私はこの活動に参加し、成功させたいと思っています。

チャド船長のクジラに対する情熱は、ホーンブロワー社の経営陣にレポートを提出し、成功を収め、その結果、同社は夏のシロナガスクジラウォッチングを年間クルーズ商品として追加することになったのである。

ブログ主からのお知らせです。1985年からサンディエゴに住み、1987年からチャーターボート業界で働き、30年近い水上生活経験を持っています。 この20年間はホーンブロワー社で、お客様に素晴らしい体験をしていただくことを目標に仕事をしてきました。ホーンブロワーでは、お客様に素晴らしい体験をしていただくことを目標に、顧客サービスアンケートを実施しています。クルーズ商品や水辺の楽しみ方については、自慢できることがたくさんあります。私のお気に入りはホエールウォッチングです。個人的な旅行でも、行けるときはホエールウォッチングに行きます。これまでニュージーランド、プエルタ・バジャルタ、ハワイのオアフ島とマウイ島、サンディエゴで何度もホエールウォッチングを楽しんできました。クジラ、イルカ、アシカに夢中です。5年前からホエールブログとホエールレポートを始めました。

ホーンブロワークルーズの詳細については、http://hbdev.hornblower.com をご覧ください。

サンディエゴでのホエールウォッチングについては、ホエールウォッチングブログ(http://www.sandiegowhalewatching.com)をご覧ください。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。