お二人の精神を体現し、独自の美学を響かせる会場を見つけるのは並大抵のことではありませんが、ドゥルーとディーンは "I Do!"を言うのに完璧な場所を見つけました。綿密な計画の後、お二人が選んだのは、サンディエゴで最後のクラシックリバイバル建築で、感動的なステンドグラス、アーチ型の天井、豊かなレッドウッドの木組み、角笛を吹く天使ガブリエルの像が自慢です。今月は、The Abbey on Fifth Avenueで行われたこのお二人のマジカルウェディングをご紹介します。

結婚式場はどのように選ばれたのですか?
ドゥルー:私たちふたりは、イベント企画に情熱を持っています。初期の段階でいくつかのコンセプトがあり、選択肢を検討するうちに、イベントに対する明確なビジョンが生まれました。アビーは、私たちが求めていたユニークさを提供してくれました。頑丈で、華美でない。歴史的建造物であるため、通常のホテルの宴会場とは異なります。

お二人にとって、この祝賀会はどのような意味を持つのでしょうか。
ドゥルー:このイベントは、3人の娘(うち2人は結婚しています)の成人式、3つの高校卒業式、3つの大学卒業式、そして悲しいことに両親の他界など、20年にわたる「主流から外れた」関係の集大成となりました。私たちの家族や親しい友人にとって、結婚の平等は大きな支えであり、私たちの結婚式に対する深い興奮をもたらしました。

ご家族の反応はいかがでしたか?
ドゥルー私たちは自分たちの関係が正当に評価されることに不安を感じていましたが、娘たちは私たちが予想していなかった別の感情を持っていました。それは、学生時代から懸念していた家族のあり方を、正統なものとして認めてもらうということでした。

ゲストをどのように巻き込んでいったのですか?
ドゥルー出席してくださった175名のうち、圧倒的多数の方々は、航空券、ホテル、レンタカーが必要なことを理解していました。カリフォルニアはもちろん、サンディエゴに行ったことがない人も少なくありません。そこで、数日間にわたってサンディエゴを紹介するイベントを開催し、ご家族でカリフォルニアのバケーションと組み合わせて、思い出に残るユニークな体験をしていただくことにしました。

ホーンブロワーのウェディングは、まさに日常からの脱却です。お二人のユニークなウェディングについて、ぜひお聞かせください。私たちの港でのウェディングパッケージをご覧ください。サンフランシスコ、バークレー、サンディエゴ、ニューヨーク、マリーナ・デル・レイ、ロングビーチ、ニューポートビーチの各港でのウェディングパッケージをご覧ください。ホーンブロワーのウェディング・コーディネーターがお手伝いいたします。

ウェディングのカスタム見積もり依頼

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。