ニューヨークで最も多くの人が訪れる観光名所です。何度通り過ぎても、その時何をしていても、自由の女神の姿と、それと同じくらい重要な、彼女が象徴するものに畏敬の念を抱かないわけにはいかないからです。
ビッグ・ショートとサンデー・ジャズ・ブランチ
正直なところ、ホーンブロワーズのクルーズにはたくさんの素晴らしい景色がありますが、自由の女神はその中でもハイライトです。特に、私たちのヨットで撮影された自由の女神の写真は、私たちが最も喜ぶ写真です。私たちは幸運なことに、すべてのお客さまにお会いすることができ、彼女の写真に悪いものはありません。

自由の女神の歴史とその意味について考えることは、時に重要なことです。最近のフランスでの出来事を考えると、私たちが共有する絆や価値観を思い出すのにタイムリーなことだと思います。

この像は自由を象徴し、彼女の松明が自由への道を照らしている。多くの人が知っているように、これはアメリカ合衆国の独立宣言100周年を記念してフランスから贈られたものである。自由の女神の腕にあるタブレットには、独立宣言の日付である1776年7月4日が刻まれており、これは宣言そのものを表現するためのものである。

その意図通り、この像は自由の象徴となり、ニューヨーク港を経てエリス島に上陸した何百万人もの新しい移民を歓迎する光となったのです。

ホーンブロワーのヨットとは違い、順風満帆というわけにはいかなかった。船積みと建造は途方もない作業であり、その過程には多くの障害があった。1885年に銅のモニュメントを構成する部品(214箱すべて)が到着した時には、台座はまだできていなかった。土台や台座を作るための資金は、建設前に集めなければならなかった。昔でいうキックスターターのようなものだ。その資金を提供した団体の中に、セオドア・ルーズベルトという19歳のメンバーがいた。

とにかく、あとは歴史に残ることになり、1886年10月28日、ついにこの像が奉納されたのである。

自由の女神がニューヨークで最も有名なランドマークであるのには理由があります。

ホーンブロワーズのクルーズは、自由の女神像のすぐ近くまで行き、写真撮影に最適です。今すぐクルーズをお選びください。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。