カリフォルニア州の観光産業を代表してカリフォルニア州のプロモーションを行う非営利団体Visit Californiaはこのほど、昨年カリフォルニア州を旅行した人は2億5100万人、旅行関連支出の総額は1175億ドルに達し、100万人以上の雇用を支え、州および地方の税収は93億ドルと、2013年と比較して大幅に増加したと発表しました。

今回の発表は、観光産業の価値が高まっていること、そして、カリフォルニアが旅行先として注目され続けるために、競争が激化する世界市場で観光客を惹きつけ続けなければならない理由を示しています。

「カリフォルニア州観光局のキャロライン・ベテタ社長兼 CEO は、「カリフォルニア州の観光経済が好調なことは、すべてのカリフォルニア州民にとって素晴らしいニュースです。「このレポートは、州内のあらゆる場所で何十億ドルもの観光客が私たちの経済に貢献し、あらゆる部門のビジネスを活性化し、雇用を創出し、地域経済を支えていることを示しています」。

全文はこちらをご覧ください

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。