ホリデーパーティーの計画を直前まで放置したことがある方、手を挙げてください。見えないけれど、私たちの手が挙がりました。なぜ早くから計画を立てるべきかをお話ししましたが、私たちでさえ、直前になってホリデーパーティーの計画を立てなければならないことに罪悪感を感じています。 数ヶ月前になって、慌てて準備に取り掛かったりしませんか?イベントプランナーからのアドバイスで、直前でも忘れられないホリデーパーティーを実現しましょう。

予算を決める。
ホリデーシーズンには会場やケータリングの予約が殺到するため、選択肢が少なくなることがあります。ご予算を把握することで、選択肢を絞り込むことができます。当社のイベントプランナーは、一人当たり少なくとも100ドルから150ドルのご予算をお勧めします。予期せぬ出費を考慮し、少なくとも数百ドルは予算を下回るようにすることを忘れないでください。

年末年始のオフィスパーティーの予算についてはこちらをご覧ください。

イベントの種類を決める
イベントの目的に応じて、いくつかの選択肢を検討することができます。あなたの会社は最近規模を縮小したのでしょうか?日曜日の午後、カジュアルなピクニックがふさわしいかもしれません。収益目標を達成したのであれば、ヨットを使った豪華なパーティー。ヨットを使った豪華なテーマパーティーは、みんなが待ち望んでいるご褒美かもしれません。このように、何を求めているかを知ることは、会場選びとメニュー選びという、最も難しい2つの要素を解決するのに役立ちます。

日程は柔軟に。
パーティーといえば、すべての日程が同じとは限りません。金曜日と土曜日は最も人気がありますが、最も費用がかかります。また、すべての社員が週末の予定をあきらめるとは限りません。木曜日は平日のオプションですが、予算が最大の関心事である場合、月曜日から水曜日はあなたの最も安いオプションになります。もうひとつ考慮すべきことは、年末年始の価格高騰の前に、あるいは1月にでも、早めにパーティーを開くことです。

オフィスパーティーの日程選びについて、詳しくはこちらをご覧ください。

食事、飲み物、余興を事前に決めておく。
カジュアルなランチなのか、それともフォーマルなディナーなのか?ベジタリアン、ビーガン、グルテンフリーのオプションは必要ですか? 手作りのプレイリストを使うか、DJを雇うか?これらの答えを用意しておくと、会場選びの際に役立つだけでなく、会場が最高のパッケージを提供する手助けにもなります。また、会場が推奨する業者のリストがあるかどうかを確認することもお忘れなく。

言葉を出す。
これは当たり前のようでいて、忘れがちなことです。日程が決まったら、参加者全員にメールを送り、ブロックしてもらうようにしましょう。時間、場所、テーマなど、詳細が決まっていなくても大丈夫です。日時、場所、テーマが決まったら、それをお知らせしましょう。

リマインダーを送信する。
これも当たり前のことのように思えますが、誰も来なかった場合、これが原因かもしれません。イベントの2週間前に、必要なすべての詳細を記載した招待状を送ることをお勧めします。

ボーナスのヒント
アクティビティポットラックにする。

ポットラックは食事だけではありません。直前のパーティーだからといって、楽しみがないわけではありません。ゲストにホリデーシーズンをテーマにしたお気に入りのゲームを持ってくるように頼んで、ゲストを参加させましょう。これならみんなが楽しめるし、そのゲームをやったことがない人同士のアイスブレーキングにもなります。

ホリデーオフィスパーティーの活動については、こちらをご覧ください。

会場パッケージを見てみる。

会場、料理、装飾、音楽の計画を立てようとすることで、余計なストレスをためないようにしましょう。多くの会場には、イベントプランナーがいて、すべてやってくれるんだ。すべて?そう、何でもです。

ホーンブロワーでは、ご予算に関係なく、様々なパッケージをご用意しています。カクテルパーティー、ビュッフェ、シットダウンディナーなど、お料理、デコレーション、音楽はお任せください。

ホーンブロワークルーズでイベントを開催しませんか?イベント企画業界で35年以上、50,000件以上の企業イベントの実績を持つ私たちは、忘れられない壮大な体験を演出する方法を熟知しています。サンフランシスコ、バークレー、サクラメント、マリーナ・デル・レイ、ニューポートビーチ、ロングビーチ、サンディエゴ、そしてニューヨークでお待ちしています。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。