ホリデーパーティー・プランニングの究極のガイド

会社の忘年会というと、「マッドメン」のような派手なイベントや大酒を飲むイメージがありませんか?もしそうなら、あなたはおそらくドル紙幣を見ていることでしょう。休日のオフィスパーティーは、かつて大きな値札を付けて来ることで知られていました。しかし、心配しないでください、私たちは良いニュースを持っている!それは、あなたのお金を壊す必要はありません。しかし、心配はご無用です!忘れられないパーティーを開催するために、お金をかける必要はありません。ここでは、予算内で素晴らしい忘年会を演出するためのヒントをご紹介します。

早めに計画を立てよう。
早起きは三文の徳、早めのプランニングでお得に。会社の忘年会の予算が限られている場合は、6カ月前から計画を立てるとよいでしょう。そうすれば、日程、会場、ケータリング業者など、ベストな選択が可能になります。ホリデーシーズンが近づくと価格が上がるだけでなく、空きを見つけるのにも一苦労です。

企画は本当にすぐに圧倒されてしまいます。忘年会を企画 するためのヒントをご覧ください。

正しい日付を選択する。
すべての日程が同じというわけではありません。特に休日となるとなおさらです。週末は費用がかさみますし、社員は土曜日の夜を返上したがらないでしょう。月曜日から水曜日は人気のない選択肢です。つまり、予算内で休日のオフィス・パーティーを行うには、これらの日が最適なのです。

オフタイムにパーティーを計画すれば、格安で素敵なスポットを確保することができます。もし、週の半ばに開催するのであれば、翌日の仕事始めを遅くして、皆から好感を得るようにしましょう。忘年会の日程選びのコツはこちら。

料理は賢く選ぶ
ほとんどの企業は、着席型のディナーよりもビュッフェを選びますが、それが必ずしも一番安い選択とは限りません。ビュッフェの場合、料理の種類や量が多いので、その分コストがかかることもあります。着席ディナーの場合、よりエレガントな雰囲気になり、行列に並ぶ必要もありません。ケータリング会社や会場に問い合わせて、どのような料理が提供されるかを確認しましょう。もっとカジュアルなものをお探しなら、前菜をたくさん用意したカクテル・レセプションを検討してみてはいかがでしょうか。

本当に節約したいのであれば、ディナーよりもランチを催すとよいでしょう。従業員は、少し早めにオフィスを閉めてお祝いをするのが好きですし、イベントの全体的なコストも節約することができます。

最適な会場を探す
完璧な会場を見つけたと思ったら、すべての装飾を自分たちで用意しなければならないことが判明しました。これでは、パーティーの予算の大半を占めることになりかねません。休日のオフィスの予算は、通常、食事と会場に使われることが多いので、何を予約するかに細心の注意を払いましょう。まず、雰囲気の良い会場を探します。装飾が必要な場合は、会場のイベントプランナーを通じてすべてを予約するようにしましょう。彼らは専門家であり、割引が適用されることもよくあります。

飲み物の選択肢を制限する。
出すか出さないか、それが問題だ。近年、忘年会でアルコールを提供しないことを決める企業が増えています。確かに節約にはなりますが、アルコールを出しながら予算内に収める方法はいくらでもあります。最初のうちはカクテルを一定時間提供し、ディナータイムにワインやビールを提供するのも一つの方法です。ビールやワイン以外の選択肢が欲しい場合は、シグネチャーカクテルを作ることも検討してみてください。また、ドリンクチケットを配布し、参加者1人につき2杯まで無料で提供する方法もあります。いずれの場合も、ノンアルコール飲料を多く用意することが大切です。

ホーンブロワークルーズでイベントを開催しませんか?イベント企画業界で35年以上、50,000件以上の企業イベントの実績を持つ私たちは、忘れられない壮大な体験を演出する方法を熟知しています。サンフランシスコ、バークレー、サクラメント、マリーナ・デル・レイ、ニューポートビーチ、ロングビーチ、サンディエゴ、そしてニューヨークでお待ちしています。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。