テムズ川は、その長さと、イングランドの運河や外洋とのつながりの良さから、国内および国際貿易の拠点として、常に優れた役割を担ってきました。その昔、テムズ川にはビールを製造する醸造所が立ち並び、地元のパブ、ひいては世界中にビールを供給していたことは想像に難くありません。その夢は、今も多くの人が抱いているのではないだろうか。
1700年代にアジアとの貿易が盛んになると、東インド会社の商人たちがテムズ川にあるこれらの醸造所に関心を持ち、輸出用のペールエールが作られるようになったのである。そこで、ペールエールのレシピをもとに、ABV(アルコール度数)を上げ、ホップを追加するというアイデアが生まれた。このホップの添加により、ビールは異国への長旅に耐えられるようになった。新しいタイプのビール、「インディア・ペールエール」が誕生したのである。
ロンドンビール史

次に検討されたのは、長旅の間、ビールをどのように保存するのが最適か、ということだった。最高の品質を保つため、ビールはホグスヘッド樽で保存され、輸送された。気候の変化、樽の材質、船の動きなど、あらゆる要素を総合して、ビールをユニークかつ最適な方法で熟成させることができたのです。
しかし、近年では、樽を使った熟成を行う醸造所も増えている。ビールは木の特性を受け継ぎ、唯一無二の風味を生み出す。
ロンドン・ビール・ヒストリー

さらに一歩進んで、Gipsy Hill Brewing Company )の協力のもと、この夏、手作りの樽を私たちの船に設置し、インディア・ペールエール(IPA)の技術に敬意を表すことを発表できることを嬉しく思っています。これは、このタイプのビールを醸造する古典的な方法を芸術的に表現したもので、私たちは歴史的な伝統にできるだけ近づけようとしています。ジプシーヒル醸造所では、伝統的なイングリッシュIPAを製造し、インドまで航海するのにかかる時間(約3~4ヶ月)に相当する距離を移動しながら樽の中で熟成させる予定です。テムズ川を走る船の動き、木製の樽、そしてその期間によって、1700年代に東インド会社の商人が造ったイングリッシュIPAに非常に近いビールができることを期待しています。
このプロセスを再現したハンドメイドの樽でビールを熟成させるのは、100年以上ぶりのことです。もちろん、私たちはこのプロジェクトのために用意されたエキサイティングなイベントのすべてを報告し、その旅をしっかりと見守ります。ぜひご参加ください。