ゴールデンゲートブリッジは、アルカトラズ島とともにトリップアドバイザーの「アメリカのトップ10ランドマーク」に選ばれている、まさに伝説の橋です。
86年前の1933年1月5日、サンフランシスコの象徴であるこの橋の建設が始まり、作業員は橋の巨大な錨を支えるために325万立方フィートの土を掘削し始めた。
1849年、ゴールドラッシュによって「湾岸の街」が世界中の移民に紹介されると、投機家たちはサンフランシスコ北部の土地の価値が、都市へのアクセスの良さに比例してますます高まることにすぐに気がつきました。
やがて、サンフランシスコ半島とマリン郡の南端を結ぶゴールデンゲート(サンフランシスコ湾の河口となる深さ400フィートの狭い海峡)に橋を架ける計画が持ち上がりました。
この構想は1869年までさかのぼるが、定着したのは1916年のことである。サンフランシスコ・ブルテン紙の記者だった工学部の学生ジェイムズ・ウィルキンスは、現存する橋の2倍近い長さの中央支間3,000フィートの吊り橋を提案したのだ。これは、現存する橋の約2倍の長さである。ウィルキンズのアイデアは、1億ドルという途方もない費用がかかると見積もられていた。そこで、サンフランシスコ市の技師マイケル・M・オショーネシー(ゴールデンゲートブリッジという名前は彼が考えたと言われている)は、橋梁技師にもっと安くできないか、と相談し始めた。
エンジニアで詩人のジョセフ・ストラウスは、シンシナティ出身で身長180cmのシカゴ人だったが、「できる」と答えた。
結局、オショーネシーとストラウスは、2500万ドルから3000万ドルの範囲内で、少なくとも4000フィートのメインスパンを持つ純粋な吊り橋を建設することができると結論づけた。しかし、この建設計画には、訴訟を含むさまざまな反対運動があった。そこで、このプロジェクトで雇用が創出されることを理由に、有権者に3,500万ドルの公債を発行するよう説得したのである。しかし、この債券は1932年まで売れなかった。サンフランシスコに本社を置くバンク・オブ・アメリカが、地元経済を助けるためにこのプロジェクト全体を買い取ることに同意したのである。
1937年5月27日、当時世界最長の橋として、ゴールデンゲートブリッジは正式に開通した。その前日には、20万人の人々がこの橋を歩いたり、走ったり、ローラースケートで渡ったりして、初めて一般市民が渡った。
高い塔と有名な赤い塗装が施されたこの橋は、瞬く間にアメリカの有名なランドマークとなり、サンフランシスコのシンボルとなった。現在も堂々と聳え立ち、「世界の近代十大不思議」のひとつに数えられています。