橋の手前、フォートポイントからゴールデンゲート(サンフランシスコ湾と太平洋を結ぶ海峡)を越え、北のマリン郡方面を望む(1910年当時)。(国立公園局)

技術的にも芸術的にも素晴らしいゴールデンゲートブリッジが、5年の歳月を経て一般公開された。サンフランシスコ湾の入り口にあるゴールデンゲート海峡に架かり、サンフランシスコとマリン郡を結ぶ全長4,200フィートの吊り橋には、開通当日、約20万人のブリッジウォーカーが驚嘆の声を上げた。

5月28日、ゴールデンゲートブリッジが開通した。幅約1マイルのゴールデンゲート海峡に橋を架ける構想は、1872年にはすでに提案されていたが、サンフランシスコの世論がこの事業を支持し始めたのは、1920年代初頭のことであった。

1921年、シンシナティ生まれの橋梁技術者ジョセフ・ストラウスは、2700万ドルで建設可能なサスペンションとカンチレバーの組み合わせという予備案を提出した。最終的な出来栄えは見苦しいものだったが、彼のデザインは手頃であったため、ストラウスはゴールデンゲート海峡の架橋に取り組むリーダーとして知られるようになった。その後、エンジニアのレオン・S・モイセフ、建築家のアーヴィング・F・モローなどの貢献により、ストラウスのデザインは急速に発展していった。モイセフはシンプルな吊り橋を構想し、シュトラウスはそれを受け入れ、モローは妻のガートルードとともにゴールデンゲートブリッジのアールデコ調の優美なデザインを開発した。モローは後に、この橋のトレードマークの色である「インターナショナル・オレンジ」を選ぶことになる。この鮮やかな朱色は、サビや色あせに強く、サンフランシスコの自然美と絵のように美しい夕焼けによく似合う色である。

ゴールデンゲートブリッジ・プロジェクトの南岸で建設中の鉄塔、1933年頃。(国会図書館)

1929年、シュトラウスはチーフエンジニアに抜擢された。1933年1月5日、世界恐慌のさなかに建設が始まった。潮の満ち引きが激しく、嵐や霧が頻繁に発生し、また、耐震性のある基礎を作るために水面下65フィートの岩盤を爆破するという問題など、多くの困難をストラウスと彼の労働者は克服した。建設中に11人が死亡した。

開通日 - 1937年5月27日、ゴールデンゲートブリッジは歩行者に開放された。翌日、正式に車両通行が開始された。(AP写真/レッドウッドエンパイア協会)

1937年5月27日、ゴールデンゲートブリッジが開通した。経済危機の時代にあって、ベイエリアの発展のシンボルとして、大きな賞賛を浴びた。全長4,200フィートのこの橋は、世界で最も長い橋であった。現在でも、ゴールデンゲートブリッジは世界で最も認知度の高い建築物の一つである。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。