アルカトラズ島の庭園

ザ・ロック」のソフトな側面
軍隊時代から刑務所時代まで、アルカトラズ島に住む人々にとって、植物は「ザ・ロック」を和らげてくれました。アルカトラズ島の人々は、防衛、刑罰、監禁に焦点を当てた場所で、ガーデニングを通して美を創造しました。看守の家族は庭園でお茶会を楽しみ、ガーデニングは歓迎される娯楽となりました。信頼されている囚人たちにとって、庭園は日常の刑務所生活からの逃避場所でした。現在でも、この庭園の繁栄は、厳粛な刑務所とは対照的です。

1963年に刑務所が閉鎖された後、多くの植物が何十年も手入れなしで生き残りました。これらの植物は、ベイエリアやその他の地中海性気候に似た地域の園芸家にとって素晴らしい選択肢となるでしょう。2003年以来、ゴールデンゲート国立公園コンサーバンシーは、国立公園局と協力してこれらの素晴らしい庭園を復元し、訪問者にその物語を伝えています。