Hornblowerは、NASH FM Holiday Bashのラインアップが急速に増えていることをお知らせします。

現在、Parmalee、Ricky Young、Kristian Bush、Rodney Atkinsの特別公演が行われ、2014年12月9日にHornblower Hybrid号で行われるこのカントリーコンサートクルーズは見逃せません!さらに、NASHダンサーズ、サンタクロース、NASH FMのJesse AddyとKelly Fordにも会えます。12月9日(火)午後6時にニューヨークのウエストビレッジにあるピア40からスタートし、午後7時から10時までインフィニティ号がニューヨーク港に出港します。

今すぐチケットをお求めください。

追加イベント情報
開催日2014年12月9日(火)
開催場所Hornblower Infinity, 353 West Street, Pier 40 (@ West Houston St.), NY, NY 10014
イベント時間:6:00PM~10:00PM
出航時間:7:00PM~10:00PM

スタンダードメニューです。
- BBQチキンブレストボーンレス
- プルドポークスライダー
- サザンスタイルスロー
- サコタッシュ
- カントリーポテトサラダ
- コーンブレッドとビスケット、ジャムやゼリーの盛り合わせ

アップグレードメニューです。
- テキサス風テンダーロインのカービング
- BBQチキンの骨なし胸肉
- クレオールシュリンプサラダ
- サザンスタイルスロー
- サコタッシュ
- カントリースタイルのスウィートポテトマッシュ
- コーンブレッドとビスケット、ジャムやゼリーの盛り合わせ

ここでは、出演アーティストについて少しご紹介します...

リッキー・ヤングサウスカロライナ州出身のリッキー・ヤングは、これまでの多くのアーティストと同様、ナッシュビルへの長く曲がりくねった道を歩んできた。サウスカロライナ大学の卒業生で野球選手だった彼は、大学卒業後の5年間をマイナーリーグで過ごし、ステージと時間があればどこでもギグを行った。

2011年、ノースカロライナで行われたベネフィット・ショーで、グラミー賞受賞プロデューサー、ニック・オートリーと運命的な出会いを果たしました。この16曲入りアルバム『Spinning My Wheels』は、まるでカロライナへのオードのようにソウルフルで、音楽界の大物たちと一緒に書き上げたものです。リー・ブライス、ジョン・ストーン、ジェフリー・スティールなど、ミュージック・ロウの大物たちと一緒に書いたものです。

ナッシュビルに来る「正しい方法」があるとすれば、ヤングがその教科書だ。ザック・ブラウン・バンド、リー・ブライス、デイヴ・ギブソン、スティーヴン・ウィリアムズ、スティーヴン・アレン・デイヴィスらとの切望された共同作曲を実現し、作曲技術の研究者としての地位を確立しているのだ。

ヤングのファーストシングル「Could You Love Me Again」は、2013年2月にラジオでヒットしました。彼のYouTubeチャンネルは100万回以上再生されており、「Could You Love Me Again」のビデオは最初の週に10万回再生され、バイラルとなった。ヤングの次のシングル「I Carry It With Me」は、同じカロライナのクルーナーで長年の友人であるリー・ブリスとのデュオであった。

2013年には55都市を回るHonky Tonkin' University Tourを、またBud Light ROWDYLOUD Tourでは46都市を回り、過去3年にわたり精力的に活動している。ヤングは、ブレイク・シェルトン、ダリウス・ラッカー、レバ・マッケンタイア、リー・ブライス、ジェロッド・ニーマン、タイラー・ファー、イーライ・ヤング・バンド、クレイグ・キャンベル、コルト・フォード、チェイス・ライスなどの前座を務めています。彼の粘り強いツアーにより、ヤングはナッシュビルで最もホットな新進気鋭のアーティストとしての地位を確立し、彼のファン層は日々拡大しており、現在彼のFacebookの音楽ページには61,000以上の「いいね」が、Twitterには16,000以上のフォロワーがついています。

8月、YoungはフォローアップEP「Feels Damn Good」をリリースし、現在The Jose Cuervo Cinge Feels Damn Good Tourで南東部と中西部をツアー中です。Bubba Sparxxxをフィーチャーしたファーストシングル「Baby Wussup」は、9月にSirius XM The Highwayでヒットしました。

Baby Wussup」と「Feels Damn Good」EPはiTunesでチェックしてください。最新情報はFacebook http://www.facebook.com/RYmusic とTwitter、Instagram @RickyYoungMusicでご確認ください。

Parmalee(パルマリーParmaleeのカントリーロックサウンドのルーツは、ブルーグラス、トラディショナルカントリー、サザンロック、ブルースのカバー曲で、彼らは家族の演奏を聴いて育った。

マットとスコット・トーマスは、ノースカロライナ州グリーンビル近郊で、父親ジェリーが地元で人気のサザンロック・ブルース・バンドを率いる姿を見て育った。そして、自分たちの楽器を手に取り、父親のバンドと一緒にジャムセッションをしながら学んでいった。そして、自分たちのスタイルを曲の中に取り入れる方法を学んでいった。教会の聖歌隊でドラムを演奏していたバリー・ノックスは、いとこたちがやっていることを気に入り、すぐに彼らの仲間入りをした。

その練習が実を結んだのは、ある晩、当時10代だったマットとスコットが、父親のライブを見るためにクラブに忍び込んだときのことだ。「ギタリストはライブの前に酔っぱらってしまって、姿を見せなかったんだ」とマットは説明する。「僕は全曲知っていたから、父が僕をステージに呼んでくれたんだ。その時から、僕はバンドにいたんだ」。スコットがドラマーの代わりとなり、バリーはバンドでのポジションを確保するためにベースを学んだ。こうして、トーマス・ブラザーズ・バンドという新たなバンドが誕生した。

トーマス・ブラザーズ・バンドは、地元のクラブで活動を始め、友人のジョシュ・マックスウェインがギターとキーボードで参加するカバーバンドと同じステージに立つこともあった。ジョシュはマット、スコット、バリーと同じような環境で育った。ジョシュは、"ゲットホンクド "というブルーグラスバンドをやっていた父親と一緒に旅をしたり、演奏したりしていた。ジョシュの音楽的才能のファンだったマットは、ジョシュをバリー、スコット、そして自分自身と一緒に演奏するように誘った。4人はステージですぐに意気投合した。彼らの最初のライブは、彼らが通っていたイーストカロライナ大学の近くにある、地元の水飲み場、コリガンズで行われました。2001年、この瞬間からParmaleeは誕生した。

バンドは毎週火曜日と木曜日の夜、ノースカロライナ州パーメルの納屋にキャンプを張り、最初に建てたマーク・ブライアントの名前をとってスタジオBと名付けました。バンド名には、地元以外の人が発音しやすいように「e」を1つ追加した。「火曜日と木曜日だけが、全員が集まってリハーサルができる夜だったんだ。「納屋での練習は町中の人に聞こえるから、近所の人に配慮して夜11時には止めないといけなかったんだ。

パルムの住民だけでなく、多くの人が耳を傾けていた。バンドは、そのライブの迫力から、地元で熱狂的な支持を得るようになった。しかし、夢を実現するためには、ノースカロライナを離れなければならないことを彼らは知っていた。ニューヨーク、ロサンゼルス、アトランタなど、全米各地を回りながら、自分たちの音楽の方向性を探った。プロデューサー、マネージャー、レーベルの代表者たちは皆、同じことを言った。「君たちはナッシュビルにいるべきだ」。

マット、バリー、ジョシュの3人は、ナッシュビルの有名なミュージック・ロウに近いデモンブルン・ストリートのコンフォート・イン駐車場に、スタジオを兼ねたRVを停めました。それから1ヶ月間、駐車場は自宅兼オフィスとなりました。彼らは新曲を書き始め、人脈づくりを始めた。彼らの新しいつながりは、カート・アリソン、タリー・ケネディ、リッチ・レドモンドとともに有名な制作チーム「ニュー・ヴォイス」の一員であるデヴィッド・ファニングとの共同作曲セッションにつながった。「このような約束の場では、誰に会うか、どうなるかはわからないものです」とマットは説明します。「でも、Davidと書いたら、意気投合してしまったんだ。

ナッシュビルの洪水が起こった同じ週末に、パーマリーとファニングは「Musta Had a Good Time」を書き、RV車のレコーディング「スタジオ」でデモを録音したが、周りの街に起こっていた惨状には気づかなかったという。Flood Sessions "の後、パルマリーはニュー・ヴォイスとスタジオに入り、"Carolina "や "Musta Had a Good Time "を含むいくつかのサイド曲を録音した。BBRミュージック・グループの社長兼CEOであるベニー・ブラウンは、この曲を聴いて感銘を受け、バンドがナッシュビルに戻ったらすぐにショーケースを見てほしいと頼みました。

パルマリーは、ミュージック・シティに戻るための資金を得るために、ノースカロライナでの短いツアーを組みました。しかし、最初のショーの後、計画は変更された。

2010年9月21日のショーの後、JoshとBarryは会場で機材をまとめ、MattとScottは外でRV車に荷物を積んでいると、2人の武装した男がドアをノックしてきた。男たちはマットの頭に銃を突きつけ、金を要求した。発砲されました。武器の携帯許可証を所持していたScottは反撃しました。犯人のうち1人は死亡し、スコットは3発撃たれました。弾丸の1つがスコットの大腿動脈に命中し、出血多量で死にそうになった。「シャーロットまでの飛行中に出血し、心臓が2回止まった」とマットは振り返る。「病院に着いたとき、医師は彼に5%の生存の可能性を与えたんだ」。

スコットは35日間、ノースカロライナ州シャーロットの病院に入院し、そのうち10日間は昏睡状態に陥った。銃撃のニュースは燎原の火のように広がり、地元のニュースステーションは毎週スコットの経過を報道した。パルマリーのファンも大挙して応援に駆けつけました。Facebookのキャンペーンや募金活動を通じて、スコットの医療費をまかなうための十分な資金が集まった。また、ナッシュビルのコミュニティは、サイン入りグッズやVIPパッケージなどを寄付し、スコットの医療費をカバーするためにパルマリーを支援しました。「私たちにはたくさんの友人やファンがいることは知っていました。「でも、その人数の多さがよくわかったよ。

2011年2月、スコットは初めてドラムキットの後ろに座れるほど回復し、バンドはついに約束のレーベルのショーケースに出演することになった。「あのショーをやらないわけにはいかなかったから、どれだけ具合が悪かったかはみんなに言わなかったよ」とスコットは言う。「脚に装具をつけていたけれど、6曲だけ演奏すればよかったんだ。パルマリーは長い間、多くのことを求めて戦ってきたので、今やめるにはここまで来ないと決めたんだ"。意志の強さによって、バンドはセットに釘付けになり、ACMボーカル・デュオ・オブ・ザ・イヤーのThompson Squareとチャート上位のRandy Houserの所属するStoney Creek Recordsと契約を結ぶことができたのだ。

Parmaleeのメンバーは、自分たちの経験を振り返り、自分たちが選んだ道に後悔はない。「私たちが経験したすべての障害と狂気は、私たちがナッシュビルに家を見つけるのを助けることができました」とマットは言います。「私たちを形成するために、すべてのことを経験する必要がありました。「ハリウッドとニューヨークでは、私たちは常に正反対の方向に押されていました。でも、ナッシュビルは僕らのサウンド、つまりアーティストとして、また人間として、僕ら自身にとって本物のサウンドを捉える手助けをしてくれたんだ" とバリーは続ける。

「Jason AldeanやEric Churchのようなアーティストが、僕らのカントリーロック・サウンドへの道を切り開いてくれたんだ。ジェイソン・アルディーンをカントリーのロック的側面と考えるなら、パルマリーはロックのカントリー的側面と考えるべきだろう」とマットは説明する。

パルマリーのハードワーク、献身、忍耐のすべてが、大きく報われています。カントリーファンの投票により、バンドのデビューシングル「Musta Had A Good Time」がSiriusXMのThe Highway "Hot 30 LIVE" カウントダウンで4週連続1位となり、この曲はメインストリームのカントリーラジオでトップ40ヒットとなったのです。この楽しいパーティー・アンセムは、PGAからMLBまで全米のスポーツ・イベント放送で取り上げられました。パルマリーは、ビルボード誌の「バブリング・アンダー・アーティスト」(2013年6月)に選ばれ、クリア・チャンネルの「NEW!アーティスト」(2013年)の1人に選ばれました。2013年に注目すべきアーティストの1人に選ばれました。また、MTV Networksは、2013 O Music Awardsの一部としてパルマリーを選び、4人組は最近、第4回American Country Awardsに出演しています。

パルマリーは、ビルボード・カントリー・プレイ・チャートの24年の歴史の中で、複数週にわたって1位を獲得した大ヒット曲「カロライナ」が、デュオまたはグループによるシングルとして最も長く上昇した歴史的な作品となりました。また、パルマリーは、フロリダ・ジョージア・ライン以来、ビルボード・カントリー・エアプレイ・チャートとメディアベース/カントリー・エアチェック・チャートの両方でシングル1位を獲得した初のマルチ・メンバー・カントリー・アーティストとなったのです。「キャロライナ」は、最近RIAAからGOLD(50万枚以上の売り上げ)に認定されました。

パーマリーのカントリー・デビュー・アルバム『FEELS LIKE CAROLINA』は、People、The New York Times、USA Today、Newsday、Billboardなどから高い評価を得ている。アカデミー・オブ・カントリー・ミュージックの憧れの賞「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」の2014年セミファイナリストであるパーマリーは、最近、カントリーを代表する男性ボーカリスト、ジェイク・オーウェンのDays Of Goldツアーに加わり、バンドのニューシングル「Close Your Eyes」がカントリーラジオ・チャートを上昇させる。(http://parmalee.com/)

クリスティアン・ブッシュクリスティアン・ブッシュは、10年にわたり、グラミー賞を受賞したマルチプラチナムのカントリーデュオ、シュガーランドの片割れとしてその名声を高めてきた。複数の楽器を演奏し、ハーモニーを歌い、プラチナムセラーのアルバムを共同プロデュースし、アメリカ南部の生活と愛を歌った受賞作(5枚のNo.1シングルと12曲近くのトップ10ヒットを含む)を共同作曲しました。

ソロ・アーティストとして初のリリースとなる『Southern Gravity』では、ブッシュ自身がスポットライトを浴び、ボーカリスト、ソングライター、バンドリーダー、プロデューサーの役割をこなしています。この新作は、シュガーランドが無期限の活動休止に入った後の過去2年間にブッシュが書いた300曲以上の楽曲をもとに制作されています。また、Southern Gravityのリード・シングル「Trailer Hitch」は、Tim OwensとBushの弟であるBrandonと一緒に書いた曲です。

「この曲は腰から始まるんだ」とクリスティアンは説明する。「でも、何度か聴いているうちに、この曲には何か伝えたいことがあるんだと気づくんだ。サビにあるイメージは、トレーラー・ヒッチのついた霊柩車を見たことがない、というもので、とても愉快だ。なぜ、人はこんなに物を集めるのだろう。必要ないものなのに......それに、行くときに持っていけないし......」。

グルーヴとツィングのミックスに支えられた "Trailer Hitch "は、シュガーランドの大ヒット曲 "Stuck Like Glue "を含むブッシュの過去のヒット曲の記憶を呼び起こすものだ。しかし、Southern Gravityはサイドプロジェクトではない。13歳からレコードを作り続けてきたソングライターにとって、これは自然な流れである。ブッシュのキャリアで初めて、デュオのパートナーなしで自分の曲を歌い、これまで常にスポットライトを浴びてきたアーティストのありのままの姿をファンに見せているのです。

「このファーストアルバムは、私の名札なのです」とブッシュは言います。「このアルバムは私の名札なんだ。私の声を紹介します、ずっと聞いていたでしょうけど」と書いてある。20年以上、私は誰かと共作してきた。今回は、自分の声を世に送り出すのです。"

ブッシュは、アンドリュー・ハイラとフォークロック・デュオ「ビリー・ピルグリム」を結成し、90年代前半にキャリアをスタートさせました。1994年にセルフタイトルのBilly Pilgrim、1995年にBloomをリリースし、VH-1でレギュラー放送され、AAAチャートでトップ5ヒットを複数獲得するなど、絶賛されました。ブッシュの成功は、2002年に結成され、その後10年間で2200万枚以上のアルバムを売り上げた男女混成のカントリー・デュオ、シュガーランドでも続きました。この間、ブッシュとネトルズは5枚のNo.1シングルを発売し、ジョージア音楽殿堂入りを果たし、グラミー賞、AMAs、ACM Awards、CMT Music Awards、CMA Awardsでトロフィーを手にしました。

Southern Gravityの作曲セッションはシュガーランドの活動休止に端を発しているが、ブッシュにとっては業界をまたぐ激しい活動の時期と重なっている。2011年には音楽出版と作曲の集団Songs of the Architectを設立し、リタ・ウィルソン、dBs、ルーシー・ヘイル、エリス・ポール、ナタリー・ストヴァルといったアーティストとの一連の制作・作曲コラボレーションをスタートさせた。また、弟のBrandonと組んで、Turner Classic Moviesのネットワーク・プロモの音楽を担当しました。また、人気携帯アプリ「My Singing Monsters」に楽曲を提供し、毛皮とフェドーラを身につけたモンスター "Shugabush "としてゲーム内に登場した。

Southern Gravityは、Jim Wilkes、Tim McHugh、そしてブッシュの長年の友人でありコラボレーターであるByron Gallimoreが共同経営する独立レーベル、Streamsound Recordsからリリースされる予定です。シュガーランドの過去3枚のアルバムのプロデューサーであるガリモアは、ブッシュがバンドの活動休止中に書いた300曲以上の曲に出会い、ソロアルバムを録音するようブッシュに勧めました。ロサンゼルスからストックホルムまで、世界中を旅して曲を書いたにもかかわらず、『Southern Gravity』はブッシュの故郷の音に彩られたアルバムとなりました。ジョージア州アトランタ。

「これはサザン・ルーツ・ロックだ」と、このアルバムの土臭い、古いものと新しいものの融合したサウンドについて、彼は言います。「私たちは、前を向きながらも後ろを振り返る世代の一員なんだ。このアルバムでは、この町の影響が感じられる。バーベキューが入ってるんだ。オールマン・ブラザーズのようなサウンド、Drivin' N' Cryin'のようなサウンド、モダン・カントリーのようなサウンドを聴くことができるだろう。アトランタについて、なぜ食べ物がおいしいのか、なぜ女性が美しいのか、なぜ文化がこれほどまでに活気に満ちているのか、説明してほしいと言われることがあります。どう答えていいかわからないけど、歌にしてみることはできるんだ。

しかし、彼のキャリアの中で最高の曲で満たされたアルバムにおいて、『Southern Gravity』の本当のハイライトはブッシュの声である。生きたバリトンは、新しくもあり親しみやすくもある...何年も手紙を書いていて、ようやく実際に会えた友人のように聞こえる。

ブッシュは、"Trailer Hitch "のヒップを揺さぶり、心を広げるメッセージについて再び言及し、「1つの曲が同時に2つのものになるのが好きなんだ」と語っています。「このアルバムも同じような感じだ」と彼は続ける。「人々は私のことを知っているし、私の音楽も知っているが、このような形で知っているわけではない。22歳のときからレコード契約を結んでいて、ずっと憧れていた夢だったけど、本当に叶うとは想像もしていなかった。どういうわけか、それは叶い続けている。サザン・グラビティは、夢を前進させ続けるための、もうひとつの願い、もうひとつの希望なのです。"(http://www.kristianbush.com/)

ロドニー・アトキンスロドニー・アトキンスは、遠回りをして家に帰ること、たまには人通りの少ない道に出てみることの大切さを知っている。彼の音楽、そして大ヒットしたシングル "Take A Back Road "の歌詞から、そのことが伺える。この曲は、日常生活の雑音から離れ、その瞬間を本当に生き、自分の魂と正対する気持ちを称えるものである。ロドニーは常に自分自身に忠実であり続け、常に進化し、世界に発信する音楽を通して自分自身を表現するユニークな方法を見つけようと努力している。この哲学は、彼が人生を通して採用しようとしているものであり、それは彼をいくつかの素晴らしい場所に導いてきた。

"自分の道を進む "とはどういうことなのか。ロドニーは、4枚目のアルバム『TAKE A BACK ROAD』を制作する際にたどった旅について、こう説明します。「なぜなら、そうすることで、誰も見たことのないものを見ることになり、その結果、違った絵を描くことができるようになるからだ。

ロドニーは、最新作の制作に取り掛かるにあたり、全く新しい色彩を集め、レコーディングのプロセスを一段と激しさを増しました。ロドニーは、約3年ぶりとなるこのプロジェクトで、これまでとは異なる方法で感情や感覚を伝え、表現したいと考えた。簡単に言えば、ロドニーは音楽的に言いたいことがたくさんあり、それを適切な方法で言いたかったのだ。

テネシー州東部出身の彼は、カントリー音楽のリスナーの心を打つ感情で印象的な実績を残しています。彼は、「Watching You」、「These Are My People」から最近の大ヒット曲「Take A Back Road」、「Farmer's Daughter」(すぐにプラチナに急上昇)まで、最初の3枚のアルバムから6つのナンバーワンヒットを出し、過去5年間だけで400万枚のシングルを販売しています。リードシングルでタイトル曲の「Take A Back Road」は、その抗しがたいほどキャッチーなコーラスと、窓を下げた気楽な夏の雰囲気で、彼をさらなる高みへと押し上げています。Rhett AkinsとLuke Lairdのこの曲は、最初からレコーディングしなければならないと思っていたそうです。初めて聴いたとき、"いい感じだ "と思った曲のひとつなんだ。キャッチーで、クランクアップしたくなるような曲だけど、聞けば聞くほど、ただの小唄じゃなくて、人生について歌っていることがわかるんだ。でも、聴けば聴くほど、この曲が単なる小唄ではなく、人生について歌っていることがわかるんだ。この曲は、発売後数週間でプラチナ・ディスクに認定された。

新しいCD「TAKE A BACK ROAD」のために、Rodneyは再びプロデューサーのTed Hewittとチームを組みました。彼は、プラチナ・ディスクの「IF YOU'RE GOING THROUGH HELL(タイトルトラックのヒットと2006年に最も再生された曲を収録)」と「IT'S AMERICA」を共同プロデュースしました。2人はRodneyの自宅スタジオで何時間もかけて、それぞれのボーカルとトラックを丹念に作り上げ、Rodneyは1曲1曲の細部にまで気を配った。これは、彼がステージに立つのと同じくらい大切にしているプロセスであり、非常に真剣に取り組んでいることです。

「最大の挑戦は、自分を際立たせるような楽曲を見つけることです。テッドと私は、音楽に対する責任について話したことがあります。自分が何を言いに来たのかを考え、それを貫かなければならない。生きて、学んでいくものだと思います。私は、しばらくの間だけ存在するのではない曲を録音したいと思っています。曲を聴くときは、考えているのではなく、その中に入り込みたいんです。映画を見ているようなものです。

TAKE A BACK ROADに収録されている曲は、ベッドの真ん中に線を引いた甘く正直なバトル・カップルの「Feet」や、厳しい時代でも親としてのプライドを忘れない「He's Mine」など、現代のアメリカのカップルや家族が共感できる感情が詰まっていて、ロドニーにとって、そのリアルな感情こそが、一音一音を追求するためのものなのです。

「成功した曲は、なぜこの曲が成功したのか、と考える必要がある。多くの曲では、物事がいかに完璧であるか、あるいはいかにめちゃくちゃであるか、どちらか一方に偏っています。僕にとって実生活は浮き沈みの激しいものだから、できることならその両面を歌にしたいんだ」。また、ロドニーはこのプロジェクトで、優しいラブソングをいくつか発表し、音楽的に新しい境地を開拓している。しかし、このアルバムでは、男女のロマンスをユニークで純粋な方法で表現した曲を数曲選びました。She's A Girl "は女性が男性に与える神秘性とパワーを歌い、"Cabin In The Woods "は人里離れた場所に逃避行することの美しさを歌った曲で、彼が共感できるだけでなく、ファンが引き付けられると感じた方法でこの古くからのテーマにアプローチしています。

"私は今までラブソングを録音したことがありません。私のラブソングは、「These Are My People」や「Watching You」、「Cleaning This Gun」だったんだ。自分が本当に共感できるものをテーマにしたタイプの曲を探したり書いたりしたかったから、そういう道には進まなかったんだ。愛とは、青い空と請求書なしばかりではなく、雨どいが漏れたり、猫が暖炉にちょっかいを出したりするものだ。便利なものでは全くなく、そのための時間を作らなければならない。それが一番大変なことなんだ。

ロドニーは、"He's Mine "という曲の中で、子育てについても取り上げています。"9歳になる息子のElijahと話しながら、自分の10代の頃、両親にどんな思いをさせてきたか、Elijahはどうなるのか、考え始めた。そんなの関係ない...私は彼のために、ベストを尽くすわ "と思い始めたんです。"He's Mine "は無条件の愛について歌っていて、最も多様な曲のひとつ。"Watching You "のような10代向けの曲だけど、まったく違う曲なんだ」。

ロドニーは物腰が柔らかく、シリアスな面もあるが、家族の集まりに集まった風変わりな一族を描いた温かくウィットに富んだ "Family "や、大笑いする "She'd Rather Fight "など、人生の愉快な面への感謝を示す曲も含まれている。このCDは、ロドニーのワイルドな一面を垣間見ることができる。エネルギッシュなライブのステージでは、「自分の影を遊びに出させる」とジョークを飛ばすほど、その一面はよく見られる。ロドニーは今回、その生のライブのエネルギーを確実にとらえることに苦心した。「このアルバムは、よりエッジが効いていて、よりダイブボムが多いという点で異なっている。少人数のバンドでレコーディングしたので、「Back Road」のような曲は目の前にあるような感じがする。全体的に、よりソウルフルなアルバムになったよ。

ロドニーは、2003年の『HONESTY』でのデビュー以来、ファンが知るようになった、勤勉で愛国心の強い、ロックでソリッドなカントリーボーイであることに変わりはない。ロドニーは、ツアースケジュールの合間を縫ってボランティア活動に参加したり、幼い頃に養子に出されたテネシー州グリーンビルのホルストン・メソジスト・ホーム・フォー・チルドレンを訪れたりする時間を常に確保しています。ロドニーにとって、自分の原点である小さな故郷に戻る道のりは長いかもしれないが、自分のルーツに戻るパワーに勝るものはないのだ。(http://www.rodneyatkins.com/)

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。