世界一の都市をクルージングしながら、人々が楽しみ、食事をする、そんな会社で働くことはとても素晴らしいことだと思うのなら、その通りです。しかし、乗船するすべての人に素晴らしい思い出を作ってもらうためには、さまざまな経歴やストーリーを持つ多くの人が必要です。フードサービスのプロやシェフ、管理スタッフ、そしてデッキマンやヨットを運転するキャプテンまで。

そこで、ホーンブロワーの乗組員たちの興味深いエピソードをいくつかご紹介したいと思います。

ビル・ デブラシオ 市長は、マーク・フィリップス船長を「 セントラルキャスティングの 」と呼んでいました。しかし、私たちが彼にいくつかの質問をしたとき、返ってきたのは、彼自身に語らせるしかないような驚くべき話でした。

マーク船長をご紹介いただき、ありがとうございます。

-

私の家族

私の父は、英国海軍の司令官として勤務していました。1950年に退役するまで、第二次世界大戦中ずっと勤務していました。祖父のジョン・フィリップス大尉は、1946年に米国連合軍からの援助を受けて、米国で海難救助事業を開始しました。1951年、私の父も家業に加わりました。

父は、外国戦争で負傷した海上士官や水兵のために行われたアメリカ海軍の募金活動で母と出会いました。母はニューヨークのブルックリンで生まれた生粋のアメリカ人でした。母は、LIFE誌という地元の雑誌のコラムニストだった。母方の祖父ドミニクはイタリア軍の兵士で、1930年代半ばにアメリカに渡り、ブルックリンで私の祖母に出会った。母の実家は、ニューヨークのリトルイタリーでパン屋を営んでいました。

父と母は1953年5月21日に結婚しました。父は母より15歳年上でした。ほどなくして、父と母はデトロイトに移り住み、ミシガン湖周辺でサルベージ海運業を始めた。1957年7月3日、私は4人兄弟の次男として生まれました。1960年になると、父と母はニューヨークに戻りました。父方の祖父は、健康上の問題から家業を父に譲りました。数年後、祖父は亡くなりました。母の父「ドミニクじいさん」は、1971年に最後の焼印を押しました。

私は、誰もが望むような最高の子供時代を過ごしました。最高の父と母、祖父母、兄弟、姉妹、いとこ、叔母、叔父、親戚などに恵まれました。

マイライフ

3歳のとき、家族でデトロイトからニューヨークに引っ越しました。私はブルックリンで育ち、青春時代のほとんどをウォーターフロントで過ごしました。私の家族は常に海運業に携わってきました。父は兄弟とともに、大西洋岸、メキシコ湾岸、太平洋岸で大規模な海難救助事業を営んでいました。そのため、私はいつも大型の船舶やクレーン船、潜水機器に囲まれていました。海運のプロに囲まれ、幼少期から実践的な訓練を受け、最高の教育を受けました。

18歳の時には海運業で起業し、21歳の時には初めてパーティーフィッシングボートを購入することができました。

1982年1月、私はソウルメイトと結婚しました。妻のマーガレットは私の親友であり、パートナーであり、二人の美しい娘の母でもあります。

1983年にはビジネスが拡大し、3隻の船を保有するようになりました。1984年には他のオペレーターと組んで、ブルックリンのシープスヘッド・ベイからディナー・チャーター用のヨットをスタートさせました。私たちはとても成功しました。1988年には、2隻の船を所有するまでに成長しました。私はパーティーボートを売却し、VIPヨットクルーズの設立に全ての収入と時間を捧げました。その後、1990年にニューヨークのバッテリーパークシティ、ワールドフィナンシャルセンター、ノースコーブマリーナに移転しました。ノースコーブマリーナでは、何年もの間、私たちが唯一の商業オペレーターでした。1998年には、5隻の船舶を運航するまでに成長しました。2000年には、ニュージャージー州ウィーホーキン、フロリダ州マルコアイランド、フロリダ州マイアミ、コネチカット州グリニッジで、8隻の船を運航するまでに成長しました。

私のキャリアはとても順調でした。アメリカンドリームを生きていたのです。しかし、2001年9月11日、すべてが変わりました。私のビジネス拠点はワールド・ファイナンシャル・センターにあり、9.11の大惨事から1ブロックしか離れていない。

その後9年間は、ビジネスで生き残るために必死でした。2010年までに、私は降伏せざるを得ませんでした。すべてを失ったのです。パートナーと私が築き上げたような大規模な事業を支えるだけの経済力は、もう戻ってこないのです。

長年のビジネスの中で、私はさまざまな人々と出会い、その一瞬一瞬を大切にしてきました。私は人生の果実を楽しみ、またそれを分かち合いました。私が長年かけて収穫した知識は、何物にも代えがたいものです。

彼らは私の青春の足跡をたどってくれました。そして、一緒に祈る家族は一緒にいられます。妻は昔も今も私の支えであり、私を強くしてくれています。娘たちは、私が家族と一緒にいたように、若い頃から成人したばかりの頃まで、ずっと妻と私のそばにいた。私には海運の家系を継ぐ息子がいませんでしたが、長女のコニーが家系を引き継いでいます。彼女は船長で、過去10年間、スタテン島フェリーのDOTオペレーションに所属しています。父親がVHF無線で仲間の船長である娘と信号を交わし、コミュニケーションをとることは、なんと圧倒的な感動をもたらすことでしょう。私は本当に恵まれている。次女のミシェルも、若い頃と大人になってからの大半を海で過ごしました。ミッシェルは、金融市場で働くことが自分の将来の方向性であることに気づきました。当初、家業を継ぐことを目標にしていたミッシェルだが、結局は違う道を歩むことになった。

ミッシェルは今でもニューヨーク港のヨットで、あらゆる場面でハイレベルなイベントを行っています。

新たな始まり

2010年、私は商業海事産業で新たなキャリアをスタートさせました。タグボート、オフショア輸送、サルベージ業務の原点に立ち返りました。スタテンアイランドのMcAllister Towing & transportationに入社しました。私は大西洋岸、メキシコ湾、オンタリオ湖、カナダを旅しました。McAllisterでは良いキャリアを積むことができました。乗組員や船舶を大切にする、働きやすい会社です。

2012年6月、私はニューヨークのホーンブロワー・クルーズ&イベント社にコンタクトを取った。ちょうどニューヨークのウエストビレッジにあるピア40で事業を始めたところでした。そして、海上オペレーション部門のディレクターに任命されました。ホーンブロワーファミリーに加わってから、素晴らしい会社と関わることができ、本当に幸せです。今年の6月で入社4年目を迎えます。これからも長い付き合いになると思います。

これが私の望む運命です。ホーンブロワー社は、海運業界における主要な競争相手として成長してきました。この偉大な会社に対する私のプロとしての貢献が、会社のためになることを願っています。私は、ホーンブロワー社のサポートに心から感謝し、ホーンブロワー社でより多くの成功を収めることを楽しみにしています。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。