キャプテン・ジュリー・ピートは鯨のような時間を過ごしています。

ホーンブロワー・クルーズ&イベントの船長、ジュリー・ピートは水が大好きです。水の中でも、水の上でも、ジュリーは水の近くにいなければなりません。彼女はサンディエゴで生まれ育ち、子供の頃はいつもビーチにいた、自称 "Tan lil' toe head"(小さなつま先立ち)でした。ジュリーの祖父は帆船に住んでおり、祖父を訪ねていないときは、泳いだり、サーフィンをしたりして時間をつぶした。

8歳の元気な息子を持つジュリーは、今でも時間を見つけてはパドルボードやパラセーリングに挑戦しています。「ゴミ箱のふたを浮き上がらせる道具があれば、それを使って航海することもあります。海は私の幸せな場所よ」。水辺で涼しい海風や打ち寄せる波の音、塩の匂いを楽しんでいると、顔がほころんできます。

では、ジュリーがホーンブロワーの船長になったことは、本当に驚くべきことなのだろうか?彼女の当初の人生設計にはなかった。「私は大学に行って、消防士になる訓練を受けていました。でも、釣りが私の人生を変えたんです。初めて釣り船に乗ったときは驚きました。次々と魚が釣れるんです。最初のアタリと釣り竿の引きがとてもエキサイティングで、もっと釣りたい!と思ったんです」。

ジュリーは夢中になった。彼女は、できるだけ頻繁に漁船に乗りに行った。やがて船長のひとりが、彼女に甲板員の仕事を紹介してくれた。「当時は女の子の甲板員はいなかったから、誰も雇ってくれるとは思わなかったわ」。ジュリーは水を得た魚のように新しい職務に就いた。「デッキマンであることは特権だと考えていましたが、船長になるとは思ってもみませんでした。デッキマンとして、USCGマスターズライセンスに応募するための十分な海時間を蓄えることができました。祖父が亡くなったとき、わずかな遺産でThe Maritime Instituteの学費をまかないました"

それ以来、彼女は海をオフィスとして使っている。「そして、8年前にサンディエゴ湾で仕事を始め、最終的にはもっと大きな船に乗るようになりました。サンディエゴにあるホーンブロワーのヨットの中で、ひときわ目立つ船があります。300人乗りのアドベンチャーホーンブロワーは、ジュリーが船長として最も気に入っている船である。「流線型でパワフルで速い。V字型の船体に球根状の船首。あれは動くのよ!」。

では、水上で過ごすことの魅力とは何だろう。「携帯電話の圏外、遠くへ行くのが好きなんです」とジュリーは言います。「携帯電話の圏外に行くのが好きなんです。周囲に気を配っていれば、誰も見ることのできない、一生に一度の素晴らしいものを見ることができます。また、海が自分を小さく見せてくれるのも好きです。

ジュリーは、ホーンブロワーの船長としての醍醐味は、ゲストとの交流にあると語る。海のもろさや、海の保全に貢献する私たちの役割について、お客様に伝えることができるのが嬉しいですね。

ホエールウォッチングで、水面に姿を現す前の巨大な生物をとらえるのは、彼女の鋭い観察眼によるものだ。彼女は何千回とホエールウォッチングに出かけ、はるか彼方にある形や模様、色を見分けることができる。これは、何年も釣りをして、広い海の水平線を見つめ、生命の兆候を探し求めてきた結果だ。ジュリーは、水平線上にあるあらゆる種類の斑点や水しぶきを読み取るために、目がよく訓練されているという。「魚を捕らえるのはもちろん、クジラやその他の海洋生物を見つけるのにも重要な役割を担っているのです」。

ホーンブロワーに入社して4年、ジュリーは海での印象的な体験をたくさんしてきたが、その中でも忘れられない体験がある。「メイク・ア・ウィッシュ財団の活動で、末期がんの少女が乗船してきたんです。でも、その日の朝は、たくさんのコククジラや何百頭ものイルカと一緒に素晴らしい旅をすることができました。その日は本当に素晴らしいショーでした。乗客が船を降りるとき、彼女と彼女の母親が私のところに歩いてきて、彼らの話をし、そして彼らの人生で最高の日をありがとうと言ったので、私はちょうど泣きそうになっていました。水上で人々が私と同じように喜び、興奮するのを見るのはいつでも最高の一日です」。

ジュリーにとって最も印象的な体験は、最も奇妙な体験でもあります。特に2つの体験は、地球の広大な海の底の世界における生命の循環を物語っています。「コククジラの赤ちゃんが生まれるところを見たときは、息をのむような美しさで、これまでで最高の日のひとつになりました。昨年は子クジラがたくさん生まれました。また、ホホジロザメがイルカを食べたり、アシカを狩ったりするのを見たこともあります。

ホーンブロワー社のホエールウォッチングクルーズでは、サンディエゴ沖の青い海で何が見られるか、何が体験できるかはわからない。しかし、船長ジュリー・ピートが舵を取る姿を目にする確率はかなり高いのです。

ご予約は、1-888-HORNBLOWERまでお電話いただくか、www.hornblower.com。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。