1969年、インディアン・オブ・オール・トライブスと呼ばれるネイティブ・アメリカンの活動家たちがアルカトラズ島に到着しました。彼らは、米国政府の解雇政策とネイティブアメリカンの幅広い窮状に反対を表明しました。GGNRAはこの歴史を記念して、特別展示「Red Power on Alcatraz」を開催しています。この展示は、ネイティブアメリカンの公民権運動の分岐点となった、19ヶ月にわたるアルカトラズ島の占拠を物語っています。この展示は19ヶ月間展示され、Ilka HartmannとStephen Shamesの写真、Kent Blansettのコレクションからのオリジナル資料、ベテラン占拠者のコミュニティからの寄稿を閲覧することができるようになっています。詳しくは、https://www.nps.gov/goga/red-power-on-alcatraz.htm。

アーティストに関する注意事項

イルカ・ハルトマン

イルカ・ハートマンは、もうすぐ23歳になるときにアメリカにやってきました。もともとプロテスタントの神学を学んでいた彼女は、すぐに写真の魅力に取りつかれました。カリフォルニア大学バークレー校でドイツ文学を学び、ドイツ語を教えていた彼女は、自身が第二次世界大戦という戦争の中で生まれたこともあり、ベトナム戦争反対運動に深く影響を受けた。戦後のドイツで育った少女は、学校で自国の最近の差別、迫害、そして最終的には何百万人もの人々が殺害されたことについて学びました。1960年代、バークレーやサンフランシスコ州立大学では、この社会のさまざまなエスニックグループが平等に、また大学のカリキュラムの中で表現されていないという意識が高まっていたのである。 

やがて、両校で民族研究に対する強い抗議運動が起こり、1969年には「第三世界ストライキ」と呼ばれるようになった。イルカはこのストライキに参加し、行進や集会を撮影して学生新聞 "The Daily Cal "に寄稿した。この頃、彼女はキャンパス内の小さなネイティブアメリカンクラブのスポークスマンであるラ・ナダの存在を知る。

1969年11月9日、彼女は「デイリー・カル紙」で、夜のうちに14人がボートでアルカトラズ島に行き、インディアンのために島を要求しているのを見た。湾の真ん中にある未使用の島はどうなるのだろう?第三世界の人々」の中で、インディアンは最も認知されていない存在であった。そして今、彼らは象徴的なジェスチャーを成し遂げ、みんなの想像力をかき立て、キャンパスとベイエリア全体に大きな支持を生み出したのだ。

ネイティブ・アメリカンの知り合いがいないため、イルカが島にたどり着いたのは1970年5月30日のことだったが、毎日新聞で出来事を追っていた。占領軍が支援者に水の入ったボトルを持参するよう呼びかけたとき、イルカはようやく自分で占領軍を見ることができた。借りたペンタックスと、写真の先生からもらった古いライカで、彼女は占拠者の写真を撮り、最初のインディアンの人たちと出会い、そのうちの何人かは生涯の友となったのです。

1971年3月、イルカは小型スピードボートと数人の占拠者と共に、2度目の島への旅に出た。1971年6月11日、イルカはたまたまKQEDテレビ局にいたが、インターホンからインディアンがアルカトラズから追い出されることを告げる声がした。みんな走り出し、イルカはテレビクルーのVWバンに乗り込み、その様子を記録しました。間もなく、彼女のアルカトラズ島の写真はインディアンの小さな新聞に掲載され、彼女はネイティブ・アメリカンのイベントに招待されるようになりました。 

この作品から、イルカ・ハートマンは、都市や居留地、家族、アメリカン・インディアン・ムーブメントのような政治組織など、今日のネイティブ・アメリカンの生活をありのままに記録するようになりました。それ以来、彼女は、混雑した都市部や孤立した居留地のネイティブ・アメリカン、アメリカン・インディアン運動の活動家、有名なネイティブ・アメリカンの肖像、ナバホ族、オマハ族、ポモ族などの部族の描写など、多くのフォト・エッセイを制作しています。彼女の写真は、米国や母国ドイツを含む多くの国で展示され、新聞、書籍、映画などに掲載されている。

彼女のウェブサイト、www.ilkahartmann.comは、彼女のすべての作品のアーカイブである。

スティーブン・シェイムス

スティーブン・シェイムスは、インディアン・オブ・オール・トライブスが島を占拠した直後、友人であり写真家でもあるアラン・コープランドとともにアルカトラズを訪れました。リチャード・オークスと友人になり、3人で写真とリチャード・オークスの文章で「アルカトラズは島ではない」という本を作りました。しかし、リチャードのエッセイは当時、東海岸の書籍編集者にとって過激すぎたためか、この本は出版されなかった。 

1969年にアルカトラズ島で撮影された写真に加え、北カリフォルニアのカシアバンド・オブ・ポモ・インディアン(アニー・オークス族)、サウスダコタ州ラピッドシティのアテヤピ(父親)プログラム、ニューメキシコ州トレオンでのナバホ族、モンタナ州ビリングス付近のクロウ・パウワの写真を収録したフォトエッセイです。

ケント・ブランセット

ケント・ブランセット氏は、チェロキー族、クリーク族、チョクトー族、ショーニー族、ポタワトミ族のブランケット家、パンサー家、スミス家の末裔である。ネブラスカ大学オマハ校で歴史とネイティブアメリカン研究の准教授を務めています。 

また、先住民の貴重な出版物やエフェメラをデジタル化する無料サイト「アメリカン・インディアン・デジタル・ヒストリー・プロジェクト」のエグゼクティブ・ディレクターも務めています。ケント氏は、以下のような数多くの本の章や記事を発表している。「サンフランシスコ、レッド・パワー、インディアン都市の出現」、「星が空から降ってきたとき:南北戦争中のチェロキー族と自治」。また、1969年のIndians of All Tribes組織によるアルカトラズ島占拠の中心人物であるアクウェサスネ・モホーク族の先住民権指導者リチャード・オークスに関する初の伝記の著者である。 

2018年に出版されたケントの著書『A Journey to Freedom』。リチャード・オークス、アルカトラズ、そしてレッドパワー運動は、1960年代と1970年代を通じてレッドパワー活動においてオークスが果たした極めて重要な役割を浮き彫りにしています。オークスのリーダーシップは、アルカトラズ、フォート・ロートン、ピット・リバー、クリア・レイク、ラトルスネーク島、そしてインディアン国家全体における解放運動に火をつけました。アルカトラズ占領に関する研究で、数々のフェローシップや賞を受賞しています。次の2冊の本のプロジェクトは、ネイティブアメリカン権利基金の歴史とレッドパワーとポピュラーカルチャーである。

ケント氏の展示「Not Your Indians Anymore」は、1969年から1971年のアルカトラズ占拠の背後にある歴史を記録したオリジナルの遺物、貴重なメディア、未見の写真、アルバム、ビデオ、アート、コミックブック、その他の儚いもののコレクションである。この展示に登場する品々は、彼が過去18年間かけて収集し、保存してきたアルカトラズ占拠に関連するプライベート・コレクションからのものです。 

ケント氏の著書は、先住民の権利の初期からアルカトラズ占拠の起源と遺産に至るまで、占拠の歴史について豊富な概観を提供する展示物の主題となっています。メディアや貴重な品々を通して語られるレッドパワー運動のルーツを詳細に垣間見ることに加え、「Not Your Indians Anymore」では、スーパーマンやバットマンからトライバル・フォースなどの現代ネイティブコミックまで、占領軍が人気コミックに与えた変革の影響も調査している。 

同様に、レッドパワー運動のサウンドトラックを作るために才能を発揮したネイティブ・ロックンロール・アーティストも紹介されます。アルカトラズ占拠の歴史をたどりながら、有名な写真家ブレイン・エリスとウォルター・チャペルが占拠の最初の数週間に撮影した貴重なフィルム映像を見たり聞いたりすることができるのです。"Not Your Indians Anymore "は、国立公園局主催のアルカトラズ占拠50周年記念事業の一環として開催されます。

ブルックス タウンズ

写真家のブルックス・タウンズはサウサリートのヨットで暮らしていたが、「占拠」の主催者から、60人のインディアンをアルカトラズに連れて行くのに十分な仲間の船員やボートを集められないかと尋ねられた。翌日1969年11月20日の未明、彼はそれを実行に移した。ただし、93人のインディアンが現れたため、3隻のボートのうち2隻は暗闇の中、明かりもなく「ロック」までこっそり2往復しなければならなかった。アルカトラズにカメラマンがいないのを見て、タウンズは占領軍のリーダーであるリチャード・オークスに対して、カメラを持って戻る許可を得るよう提案しました。

夜明け前の9日間、タウンズはサウサリートからの最後の船に乗り込み、午前中まで撮影を続けた。沿岸警備隊が見ていない時は、フィッシャーマンズワーフまで船で行き、サンフランシスコの通信社に話題の写真を提供することもあった。夜中に島を監視している連邦保安官に見つからないように、フラッシュは使えない。光で撮った写真だ。  

サンフランシスコ・クロニクル紙とKRON-TVが、初日の朝9時頃から1、2時間、連邦政府関係者とともにカメラマンを派遣したのを除いて、感謝祭前の占領開始時の報道写真は彼のものだけだとタウンズ氏は考えている。

タウンズは、日刊紙や海事雑誌の記者として人生の大半を過ごした。現在は引退し、太平洋岸北西部に住んでいる。