サービス・アニマル・ポリシー

機内で使用できる介助用動物の種類についてはこちらをご覧ください。
障害を持つアメリカ人法では、介助用動物を「障害を持つ人のために仕事や作業をするように個別に訓練された盲導犬、信号犬、ミニチュアホース」と定義している。このような仕事や作業の例としては、目の見えない人の誘導、耳の聞こえない人への警告、車椅子の牽引、発作を起こしている人への警告と保護、精神疾患を持つ人への処方された薬の服用の呼びかけ、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を持つ人の不安発作時の鎮静化、その他の任務などがある。

米国司法省は、介助用動物を「障害者のために仕事や作業をするよう個別に訓練された犬やミニチュアホース」と定義しています。介助動物は働く動物であり、ペットではありません。犬やミニチュアホースが訓練を受けて行う仕事や作業は、その人の障害と直接関係していなければなりません。慰めや感情的なサポートを唯一の目的とする犬やミニチュアホースは、障害を持つアメリカ人法(ADA)の下では、介助用動物として認められません。

介助犬に関する規定に加えて、省庁のADA規則改訂版には、障害者のために仕事をしたり作業をしたりするように訓練されたミニチュアホースに関する別の規定が新たに設けられています。

改訂された米国障害者法の規定をご覧いただけます。

これらの介助用動物は、アルカトラズ島とピア33アルカトラズランディングで使用できます。ペットやコンパニオンアニマルはどちらの場所でも使用できません。