彼の名は、ボンド、ジェームズ・ボンド。

名前は変わらなくても、象徴的なスパイは時の試練に立ち向かってきたのです。2022年は007シリーズ60周年の年です。皆さんにはお気に入りのボンドがいるかもしれませんが(コネリーなのかクレイグなのか)、それぞれが足跡を残しています。そして、ボンドガールや悪役も登場し、そのすべてが今日のフランチャイズを作り上げました。

ジェームズ・ボンドの最新作『No Time to Die』が2021年に公開されることを受けて、ここロンドンで自分だけのボンド体験ができないか考えてみました。

SISビルを間近に見たり、スピードボートで川を疾走したり。 テムズ川スピードボートこの記事では、最新作の公開に向け、ロンドンにあるジェームズ・ボンドの撮影場所をご紹介します。

トップ ジェームス・ボンド ロンドンでの撮影場所

  • サマセットハウス
  • テムズ川
  • ナショナル・ギャラリー
  • ホワイトホール
  • 改革クラブ
  • SISビル(MI6)
  • ルールレストラン
  • ウェストミンスター橋
  • セント・パンクラス駅
  • ミレニアムブリッジ
  • 市役所
  • ロンドン・マリオット・ホテル・カウンティ・ホール

 

サマーセットハウス ストランド

映画トゥモロー・ネバー・ダイ 」「 ゴールデンアイ

サマセットハウス(イギリス・ロンドン

トゥモロー・ネバー・ダイ」では、ジェームズ・ボンドが超高級車アストン・マーチンDB5でサマセット・ハウス前に停車するシーンがあります。この新古典主義の建物は、映画では別の目的で使用され、代わりに陸軍省が入居しています。この大きくて豪華な中庭は、『007 ゴールデンアイ』にも登場し、サンクトペテルブルクの見せかけの中庭として描かれています。

Frugal FlexitarianブロガーのFionaは、サマセットハウスがなぜロンドンで際立っている建物なのかを教えてくれました。
「どの方向から見ても美しい18世紀のサマセットハウスは、テムズ川を挟んでウォータールー橋の東側、そしてサヴォイの少し東にあるストランドを見渡すことができます。冬には中央の中庭にアイスリンクが、夏には噴水が設置され、近くで見ても美しい建物です。素晴らしい展示会や素晴らしいレストランもあり、ぜひとも訪れたい歴史的建造物です」。

 

テムズ川

映画ワールド・イズ・ノット・イナフ』『007 スペクター
テムズ川は、いくつかのボンド映画で登場していますが、最も有名なのは『007ワールド・イズ・ノット・イナフ』です。この映画では、ボンドとシガーガールの高速チェイスが繰り広げられ、MI6から始まり、国会議事堂を通り、タワーブリッジ、ドックランド、O2へと猛スピードで駆け抜けていきます。
テムズジェット・ボンドパッケージでは、50分間のスピードボートと10分間のヘリコプターで、ジェームズ・ボンドの冒険を体験することができます。

 

ナショナルギャラリー、トラファルガー・スクエア

映画スカイフォール

ナショナル・ギャラリー トラファルガー・スクエア(イギリス・ロンドン

スカイフォール』で初登場したのが、ナショナル・ギャラリーです。この34号室で、ジェームズ・ボンドは、ターナーの「The Fighting Temeraire」の絵を見ているQと初めて出会います。この絵は無作為に選ばれたのか、それとも深い意味が隠されているのか?あなたが決めてください。

 

ホワイトホール、ウェストミンスター

映画オクトパシー」「殺しの風景」「ライセンス・トゥ・キル 」「 スカイフォール
英国政府の実際の本拠地であるホワイトホールは、ジェームズ・ボンド映画で何度か登場し、ボンドはその壁の内側でさまざまな任務の説明を受けました。スカイフォール』では、撮影のために外のエリアが閉鎖され、ボンドが建物を横目に道路を走っている姿が映し出されます。映画の終盤では、ボンドがマニーペニーに会う前に屋上でこの地区を眺めるシーンもあります。

 

シス・ビルディング(MI6)、ヴォクスホール

映画ゴールデンアイ』『007 ワールド・イズ・ノット・イナフ』『007 ダイ・アナザー・デイ 』『007 スカイフォール

秘密情報局(SIS)ビル ロンドン本部からMI6へ
画像はイメージです。 Mark Wordy, Flickr

秘密情報局(MI6)の実際の拠点であるヴォクスホール・クロス・ビルは、数多くのボンド映画で登場します。ゴールデンアイ』で初めて登場しましたが、『007ワールド・イズ・ノット・イナフ』では前述のテムズ川でのボートチェイスの直前にも登場しました。スカイフォール』では、ここにあるMのオフィスが爆破されましたが、『007スペクター』までには「再建」されていました。

 

ザ・リフォームクラブ、ポールモール

映画ダイ・アナザー・デイ 』『007 慰めの報酬
慰めの報酬』では、ポールモールにある会員制クラブ「改革クラブ」が、外務省の本拠地として登場します。しかし、『007/ダイ・アナザー・デイ』では、この壮大な建物は「ブレイド」という架空のフェンシングクラブとして使用されています。マドンナもカメオ出演しており、ポップスの女王がフェンシングの先生を演じています。

 

ルールレストラン、コベントガーデン

映画スペクター

ルール・レストラン コベントガーデン ロンドン(イギリス
イムage credit: Herry Lawford, Flickr
ルール は、1798年創業のロンドンで最も古いレストランです。この洗練されたレストランは スペクター M、Q、マニーペニー、ボンドが一同に会し、ビジネスについて話し合います。あなたも、おいしい食事と本物のボンドのようなマティーニを味わいに訪れてみてはいかがでしょうか。ただし、「シェイクして、かき混ぜないで」と注文するのをお忘れなく。

Fionaは、Rulesがボンドファンだけでなく美食家にとっても素晴らしいレストランであることを説明してくれました。もしイギリス料理を知りたいと思ったら、『Rules』はぜひ訪れてほしい場所です。ほとんどの料理は、私の母がよく作っていたものを思い出させるもので、そこで食事をすると、まるでダウントン・アビーのセットの一部になったような気分になります。ちょっと行き当たりばったりな感じもしますが、エビのポット詰め、湖水地方のラムのランプ肉のロースト、ゴールデンシロップの蒸しプディングといった料理を食べたくなったら、コヴェントガーデンのはずれにあるメイデンレーンに行って、タイムスリップしてください。"

 

ウエストミンスターブリッジ(ウエストミンスター

映画ダイ・アナザー・デイ」「007 スペクター
ロンドンで最も有名な橋の一つであるウェストミンスター橋は、多くの大ヒット映画で登場しています。ジェームズ・ボンドの『007スペクター』にも登場し、ボンドが銃を振り回して橋の階段を駆け下りています。

 

ST.パンクラス駅、キングスクロス駅

映画ゴールデンアイ

英国、ロンドン、キングスクロス

ゴールデンアイ』では、ロンドンで愛されているセント・パンクラス駅が、サンクトペテルブルク駅として生まれ変わった。5番線に到着したナターリヤは、当局に捕まらないように身をひそめる。

Gift GoonieのブロガーであるSamaraは、この駅がロンドンで最も優れた駅の1つである理由を教えてくれました。「私は家族に会いに行くときにセント・パンクラス駅を利用するのですが、一番好きな駅と言わざるを得ません。見た目が美しいだけでなく、たくさんのお店があり、電車を待っている間に食事をすることもできます。また、乗車前に家族へのちょっとしたプレゼントを買うのにも最適な場所です。"

 

シティホール

映画映画『007 スペクター
変わった外観の建物であるシティホールは、2015年の映画『007スペクター』でボンド・フランチャイズにデビューしたばかりです。その湾曲した象徴的な螺旋階段は、MI5データセンターの内部として再構築されました。

Virtual PostcardのブロガーであるSageは、このユニークな建物がとても印象的であることを教えてくれました:「シティホールは、ロンドンのサウスバンクを探索する際に訪れる価値があります。ロンドンのサウスバンクにあるシティホールは一見の価値があります。また、持続可能で実質的に無公害のオフィスビルとして、この街の素晴らしいデモンストレーションとなっています。"

 

ミレニアムブリッジ、テムズ川堤防

映画スペクター

ミレニアム・ブリッジ ロンドン(英国

ロンドンの「ぐらぐら揺れる」歩道橋で、マネーペニーとボンドは『007スペクター』のエンディング近くで出会います。「ミレニアム・ブリッジは、ロンドンで一番好きな橋です。交通の心配をせずに歩いて渡ることができ、テムズ川の壮大な景色をどちらの方向からも見ることができるからです。「建築的にも美しい橋で、セント・ポール大聖堂とサウス・バンクを結ぶ完璧な橋で、テート・モダンのギャラリーまでまっすぐ行けるんです。

 

ロンドン・マリオット・ホテル・カウンティ・ホール

映画映画「007 スペクター
映画『007スペクター』に登場する豪華絢爛な5つ星ホテル。ビッグベンや国会議事堂の豪華な眺望が楽しめるこのホテルは、洗練されたジェームズ・ボンドにぴったりの舞台です。ステーキハウスのGillray'sでは、ロンドン屈指の眺望をお楽しみいただけます(マティーニはオプション)。

Opposable ThumbsのブロガーであるJoanneは、「40歳の誕生日にLondon Marriott Hotel County Hallに泊まりましたが、とてもよかったです」と話します。元は市役所だったので、部屋や建築はどれも個性的で、探索するのが楽しいです。バーに座って対岸のビッグベンを眺めたり、ジムでトレーニングしたり、ロンドン・アイに乗ってポッドで一周する人たちを間近に見たりすることができるのです。また、ロンドン中心部のホテルでは最大級のスイミングプールもあります。私はこのホテルが大好きで、迷わず戻ろうと思いました。

ボンドの撮影地について読んで、自分もスパイの冒険をしてみたくなりましたか?ボンドのロンドン体験では、スリル満点のスピードボートに乗って、上記の撮影場所やボンド映画ゆかりの地を巡ることができます。また、スピードボートに乗って、ICEBAR Londonで-5℃の冷たいカクテルを飲みたい方には、Shaken Not Stirredアドベンチャーがお勧めです。

 

グローバルステージ

ジェームズ・ボンドファンなら誰もが知っているように、007は世界中で窮地を脱するために策略をめぐらす。旅先で、ボンドの足跡をたどることができる場所をご紹介します。007ファンなら、日本の姫路城やサルデーニャ島のコスタ・スメラルダはご存じでしょう。これらの場所は息をのむような美しさで、しばしば素晴らしい撮影地として使用されています。

 

姫路城

日本で最も美しい城のひとつが姫路城です。何世紀もの歴史を持つこの城は、新燃岳の近くにあり、スペクターの犯罪者であるブロフェルドの故郷でもあります。この城の堂々とした大きさと複雑なディテールの探索を楽しむことができます。

 

サルデーニャのコスタ・スメラルダ

サルデーニャ島のコスタ・スメラルダも必見です映画『007スペクター』では、テロリストのカール・シュトロームバーグにハイジャックされたロシアとイギリスの潜水艦から、ジェームズ・ボンドが世界を救うために行動しています。ロシア軍から逃げ惑う2人は、ロータスの白いエスプリで脱出に成功する。

スコットランド ケアンゴームズ国立公園

スコットランドのケアンゴーム山

撮影は、ボンド25のロケ地となったとされるケアンゴーム国立公園のアヴィモア地区にある風光明媚なラグガン湖で行われました。警備は厳重でしたが、幸運なウォーカーたちは、進行中のカーチェイスを垣間見ることができました。また、制作スタッフはヘリコプターとカメラ付きドローンを使ってチェイスを撮影していました。

 

ジャマイカ

ジャマイカには、ジェームズ・ボンドの撮影が行われた場所がたくさんあります。その中には、以下のようなものがあります。

  • ラフィング・ウォーターズ・ビーチ
  • スワンプサファリ
  • ポートアントニオ
  • ダンズリバーフォールズ
  • サンサンベイ
  • ハーフムーン
  • ローズホールグレートハウス
  • Boundbrook Wharf

ジャマイカでの休暇を計画しているなら、レンタカーを借りて、ボンドの撮影場所をすべて訪れたいと思うことでしょう。ジャマイカには公共交通機関がほとんどありませんが、レンタカーは簡単で、島の最も有名なスポットを飛び回ることができます(レンタカーは主に日本の新車です)。(レンタカーは主に日本製の新車です)島の北部は道路が整備されていますが、観光地以外では道路が危険な場合があります。ジャマイカを観光するときは、注意深く行動してください。さらに、道路の左側を運転することは本当に難しいことです。ジャマイカを訪れる前に、ホテルの敷地内で練習しておくとよいでしょう。ただし、旅行にはしっかりとした保険をかけることを忘れないでください。

ジェームズ・ボンドほど、カーチェイスで危険を回避するのが巧みな人はいません。しかし、007が有名にした素晴らしい場所を訪れる際には、ゆっくりとしたペースで行動する必要があります。