この島は、「オイスター・アイランド」「ラブ・アイランド」「ベドロー・アイランド」「ケネディ・アイランド」など、さまざまな所有権と名称を持っている。

島の歴史は1664年から1876年まで何百年もさかのぼり、島の名前は「オイスター・アイランド」とつけられた。この島にはネイティブアメリカンが住んでおり、島を囲む岩の岸辺で特にカキが多く見つかったことから、この名前が付けられたという。その後、この島はオランダからニューネーデルラントとなり、まもなくニューヨークと改名された。1667年、商人であり植民地主義者であったアイザック・ベドローがこの島を所有することになった。フランシス・ラブレス大佐は、この島の所有権を得たとき、島をラブ・アイランドと名付けることを条件とした。その後、イギリスがニューヨークの支配権を獲得すると、島は「ベドロー島」と改名された。最近の歴史の本には、彼の名前のスペルが3種類載っている。その後、彼の未亡人が破産に直面し、島はアドルフ・フィリップスとヘンリー・レーンに売却された。その後、ニューヨーク市がこの島を管理し、病気の患者を収容するようになった。

1759年、ニューヨーク市の公社がこの島を購入し、その後数年間は賃貸用として使用されました。1876年、島はアーチボルド・ケネディに売却され、夏の別荘として使われるようになった。この間、ニューヨーク州は、ニューヨーク、コネチカット、ニュージャージーに接近する敵を監視するために、この島を使用するように命じた。ケネディは、天然痘の感染を恐れる人々を迎え入れるためのステーションとして島を利用するよう命じられた。

リバティ島は1801年以来、政府の所有となっている。自由の女神は、ハドソン川とニューヨーク湾の上流にあるニューヨークとニュージャージーのどちらにあるのかと、よく質問されます。自由の女神は、ニューヨークとニュージャージーの両方のシンボルです。