アメリカン・アイコンの歴史をたどる

自由の国を知るために
サポート-リバティ-ステート-パーク

島の形成

島の歴史は1600年代初頭に遡る。リバティ島は、毛皮貿易の拠点として、また、湾から海岸に流れ着く何千もの牡蠣や貝を受け入れる土地として、何十年にもわたって様々な役割を果たしてきました。ここでは、島の歴史とその変遷についてご紹介します。

自由の女神の物語

自由の女神像は、1800年代に、フランス人とアメリカ人の関係を象徴するような像を作りたいと考えていた政治家、エドゥアール・ド・ラボラエが発案したものです。
リブ・レディのクローズアップ
ニューヨーク 自由の女神像

連邦政府の所有権

この島が発見されて以来、多くの所有者が現れ、多くの名前が付けられてきた。1801年に政府がこの島を所有するようになってからは、政府がこの島を所有するようになりました。現在の島の所有者と運営者については、こちらをご覧ください。

アイコンフォーアメリカ

アメリカのシンボルといえば、「自由の女神」を思い浮かべる人が多いでしょう。自由の女神がどのような素材でできているのか、そしてニューヨークの港を見下ろすように立つその高さをご覧ください。
ICON