アメリカンアイコンの歴史をたどる

自由の国をもっと知る
サポートリバティー-ステート-パーク

島の成り立ち

島の歴史は1600年代初頭にまでさかのぼります。数十年の間、リバティ島は毛皮貿易の拠点として、また湾から流れ着く何千もの牡蠣や貝を受け入れる土地として、様々な役割を果たしました。リバティ島の土地とその変遷について、詳しくご紹介します。

レディ・リバティ物語

自由の女神は、1800年代、政治思想家エドゥアール・ド・ラブレーが、フランスとアメリカの人々の関係を象徴するものを作ろうと考えたことに端を発する。
リブ・レディーのクローズアップ
ニューヨーク 自由の女神像

連邦政府の所有権

この島が発見されて以来、多くの所有者が現れ、多くの名前が付けられた。1801年になってようやく政府がこの島を所有することになったのです。現在、誰がこの島を所有し、運営しているのか、その詳細をご紹介します。

アイコン・フォー・アメリカ

アメリカのシンボルといえば、「自由の女神」を思い浮かべる人が多いだろう。ニューヨークの港を見下ろすように立つ自由の女神は、どんな素材でできていて、どれくらいの高さなのか、見てみましょう。
アイコン