アメリカへのゲートウェイを探る

新世界への入り口を探る

エリス島以前

エリス島がアメリカ最大の移民センターになる前は、毛皮の交易所や、新鮮な貝や牡蠣を求めるネイティブ・インディアンの群れが集まる場所など、さまざまな役割を果たしていました。1600年代にさかのぼり、アメリカで最も忙しい移民センターの歴史をご紹介します。

ザ・ジャーニー

祖国を離れた何百万人ものヨーロッパ人にとって、アメリカへの旅は楽しいものではないことが多かった。疲れた目と不安な心で新天地に向かう旅は、決して楽しいものではありませんでした。新しい未来とよりよい明日のための旅と闘いについて、詳しくはこちらをご覧ください。

アライバル

自由の国への2週間の船旅は、特に2等、3等の乗客にとっては苦痛を伴うことが多かった。自由の女神像のある場所は、多くの人々に希望と平和をもたらしました。船上での状況や、到着後の移民に対する制度について詳しくご紹介します。

手続きについて

自由の国へと船出した移民の多くは、アメリカでの生活がどのようなものになるのか、不安と希望を抱いていた。移民を受け入れる前には、いくつかの医療手続きや法的手続きが必要でした。移民を受け入れるためには、様々な医療手続きや法的手続きが必要となりますが、それらの手続きや、医療検査に合格しなかった人たちのその後についてご紹介します。

島の生活

エリス島での体験は、健康診断や入国審査で不合格になった移民にとっては、簡単なものではなかったようだ。このような移民は、1週間から3ヶ月間、島に留め置かれました。エリス島の建物と移民の目的についてはこちらをご覧ください。

アメリカン・ドリーム

将来の可能性を求めて祖国を離れた何百万人もの移民にとって、アメリカへの到着は大きな意味を持っていました。移民の旅と、ニューヨークに到着した後の行き先について詳しくご紹介します。