バゲージキャリー

エリス島を通過するための手続きは、乗客にとって長い時間とストレスを伴うものだった。家族は蒸気船を降りて、ビルのメインフロアにあるバゲージルームに入る。搭乗者には番号入りのIDバッジが渡される。搭乗者の必需品を入れたカートやバッグ、宝箱などの持ち物は、バゲージルームの階に置いておき、搭乗者は合図に従って階段を上がったところにあるレジストリールームに行き、医師や法律家による検査を受ける。警備員は、息切れ、歩行困難、会話困難などの症状がないか、一人一人確認していました。

 

健康評価

レジストリ・ルームは、当時「グレート・ホール」と呼ばれていた、長さ200フィート、幅102フィートの美しく広々とした空間である。乗客はこの部屋で、入国できるか、元の国に送り返されるかの判断を受けたのである。1903年から1914年の間、「トラコーマ」と呼ばれる目の病気が流行していた。到着時にこの病気にかかっていると、元の国に送り返されることが多かった。目の検査だけでなく、乗客が心身ともに病んでいないかどうかを判断する「6秒チェック」も行われた。

 

法的手続きについて

物理的なチェックが行われている同じ部屋で、法的な検査も行われた。どこで生まれたか」「職業は何か」「結婚しているか」など29項目の質問が行われた。