エリス島への旅 - スタチュー・シティ・クルーズ

1892年から1954年の間に、主に東欧や南欧から1,200万人以上の移民が、ヨーロッパ諸国で起きた腐敗した社会的・政治的行為や逮捕を避けるために、かつて「自由の国」と呼ばれたアメリカに渡った。水ぶくれのできた足、疲れた目、心配した心で、一度に何千人もの人々が足や馬、運が良ければ列車で最寄りの港に到着し、巨大な蒸気船に乗り込んでアメリカでの新しい生活を手に入れようとしたのである。
イタリア、ポーランド、ロシア、フランスなどから集まった3,000人もの人々が、家族や友人との新たな出発のチャンスを心待ちにしていたのだ。男も女も子供も、必要なものは何でも持って船に乗り込んだ。ある人は毛布とオレンジをポケットに入れていたが、ある人は100ドルと最高級の革靴を丸ごと持っていた。

大西洋を横断する2週間の旅は、決して楽しい休暇ではなかった。蒸気船では、乗客を身分によって分類し、船上での居場所を描いていた。エリートである一等船員と二等船員はキャビンやステータールームに、三等船員は船の最下層に位置し、船底の空き地のような「ステアレージ」と呼ばれていた。