搭乗者は、いくつかの理由で到着が近いことを感じていた。まず第一に、空気がニューヨークの港に面した工場で稼働している油や麝香のような機械の汚染物質の臭いに変わり始めたことだ。多くの移民にとっての変化は、匂いだけではなかった。ヨーロッパの暖かく穏やかな気温は、もはや乗客の肌には感じられず、大西洋の塩分を含んだ海から伝わってくる、さわやかな寒さを感じるようになっていた。第一印象は決して良いものではなかったが、乗客の多くは自由、平和、機会の象徴である有名な自由の女神を目にした。船が停泊に近づくと、多くの人が拍手をし、他の人は喜びと感動の涙を流した。

2週間連続して船酔いと海脚に悩まされた後、多くの人が船を降りてニューヨークの街を冒険したいと思っていた。しかし、実際にはそうはいかなかった。船が停泊すると、保健所の職員が船ごとに病気の検査を行う。一等船員と二等船員はまず船内で検査を受け、三等船員はエリス島に運ばれて検査を受けることになる。