[ゲストブロガー ジム・オルブライト】の記事]
キャシーと息子のケネスと私は、デンバー周辺に住んでいたとき、連邦刑務所の採用試験、面接、身体検査を受けていました。私はコロラド州エングルウッド刑務所で採用されようとしましたが、近々再開されるミネソタ刑務所の職員を訓練中で、その時は募集していませんでした。

採用が再開されるのを待つ間、私はシーテスト・デイリー社でトラックローダーとして働き続けました。ある夜、仕事から帰ると、キャシーが「今日、政府から手紙が来たわよ」と言った。アルカトラズの刑務所長、P.J.マディガンからで、サンフランシスコに赴任しないか、という内容だった。私たちは喉のつかえを取ってから話し合い、その申し出を受け入れてサンフランシスコに行き、最初の試用期間を過ごした後、再びEnglewoodに異動することにしました。

家も家具も売り払い、残った財産をすべて1956年式のシボレー・ノマドに積み込み、それまでデンバーより西に行ったことがなかった私たちは、カリフォルニアを目指した。

オークランド・ベイブリッジを渡ると、湾内にアルカトラズ島が見える。その日は、島の周りに濃い霧の輪がかかっていた。若者二人組の私たちには、とても不気味な光景であった。私はまだ24歳で、警察官としての経験もない。島を眺め、キャシーと、車の後部座席で眠っている19ヵ月の息子ケニーを見て、"一体俺は何をしたんだ?"と言ったんだ。

賃貸のアパートを探しました。動物は受け入れてもらえても、子供は受け入れてもらえないので、それは大変なことでした。私たちは、ケニーに犬の首輪をつけるくらいの覚悟でアパートを探しましたし、仕事で船に乗るためのドックの近くがよかったんです。1959年当時、1カ月80ドル以上のアパートを見つけました。私たちはそこに3カ月ほど住み、その後、島のアパートを借りました。

島に引っ越してきてから、キャシーとケニーはアルカトラズの現場に立つことになった。島での生活に必要なルールや規則を覚えるのに忙しく、また、新しい友達もたくさんできた。

私はその間、刑務所の仕事を覚えるのに精一杯だった。他の職員を観察し、その中から2、3人、いい職員だと思う人を見つけました。その人たちと仲良くなって、自分を見習うようにしたんです。それが功を奏したのか、アルカトラズでは3年足らずの間に2回も昇進することができました。

私たち家族は、この島に住み始め、この島を愛するようになった。1961年生まれのヴィッキーと、1963年生まれのドナの2人の娘が生まれた。実は、ドナは刑務所が稼働している間に生まれた最後の子供だった。刑務所が閉鎖された日、彼女は生後11日目だった。私は、1963年3月21日から6月22日まで島に残された。そのため、私は "ラスト・ガード・アウト "となった。

最後の27人を島から連れ出すとき、モーリス・"ダブル・タフ"・オードウェイ中尉が、最後の囚人のそばについて、彼を外に連れ出すようにと言ったので、私は最後の囚人を外に連れ出すことになった。

アルカトラズ刑務所での任務の後、私は刑務所の仕事にとどまり、26年間、5つの刑務所に勤務してそのキャリアを終えました。引退したのはインディアナ州のテレホートで、その刑務所で最後に働いたのと、そこに家があったからです。

その後、私が理事を務めるアルカトラズ同窓会が毎年島で開催していることを知りました。

私たちは20年程前から同窓会に参加しています。悲しいことに、アルカトラズの職員や受刑者はもうあまり残っていないんだ。前回のリユニオンでは、2人の看守と1人の受刑者が参加しただけでした。あと数人は残っているのですが、健康上の問題や距離の問題、あるいはその両方の理由で、参加することができません。

キャシーと私は、2015年に特別な再会を果たしました。国立公園局から許可を得て、結婚60周年の誓いを新たにしたのです。レンジャーであり牧師でもあるジョン・キャントウェルが、アルカトラズの "Aブロック "で礼拝を執り行ったのです。22人の親族、約50人のアルカトラズ卒業生、そしてたくさんの大切な友人たちが出席してくれました。 その後、アルカトラズクルーズのボートに迎えに来てもらい、湾内をディナークルーズしました。
ジムとキャシー・オルブライトの結婚式

なんて素敵な思い出の数々なんでしょう。

ジム&キャシー・オルブライト