豊かなアメリカの歴史を知る旅

アメリカで最も重要な2つのアイコンを体験できます。

リバティ島にある自由の女神像の国定記念物

自由の女神像は、1886年10月28日にフランス国民から米国に贈られた世界共通の自由の象徴です。自由の女神像は、フランスの彫刻家であるフレデリック・バルトルディがデザインし、エッフェル塔を設計したギュスターヴ・エッフェルが骨組みを作ったものです。現在、この像は年間数百万人の人々が訪れ、自由の象徴であると同時に、アメリカに到着した移民たちを歓迎するシンボルであり続けています。

ご存知でしたか?

  • この像は、鉄の基盤と銅の外装を持ち、時間の経過とともに酸化して緑色になっています。
  • Lady Libertyはサイズ879の靴と35ftのウエストラインを着用しています。
  • 自由の女神の冠にある7つのトゲは、世界の7つの大陸と海を表しています。
  • 300種類のハンマーを使って、銅の構造を作った。
  • 2016年10月28日、スタチューは130歳の誕生日を迎えました。

エリス島

希望と涙の島」とも呼ばれるエリス島は、アメリカでの新たなスタートと家族のための新しい生活を求める何百万人もの移民の最大の玄関口でした。エリス島は、かつて62年以上(1892年から1954年まで)にわたって運営されたアメリカで最も忙しい移民局で、世界中から何百万人もの人々が訪れました。現在、エリス島移民博物館のウォール・オブ・オナーには、かつてこの島を通過した多くの人々の名前が70万人分刻まれています。アメリカで最も偉大な史跡のひとつであるエリス島には、Statue City Cruisesを利用して多くの人々が訪れています。

ご存知でしたか?

  • 現在の米国市民の40%近くが、少なくとも1人の先祖をエリス島に辿ることができると言われています。
  • エリス島移民局に最初に入国を許可されたのは、1892年1月1日のアニー・ムーアでした。
  • エリス島には、ボブ・ホープ、マックス・ファクター、ジークムント・フロイト、チャーリー・チャップリンなど、多くの著名人が通過しました。
  • エリス島は第二次世界大戦中、沿岸警備隊の訓練施設だった。
  • 移民は、島の売店でパン、チーズ、ソーセージ、レモネードなどをわずか30セントで買うことができた。