サンフランシスコのウエディングスペシャリストに会いに行く
ウエディングの経歴について教えてください。
私は幸運にも、過去7年間、情熱をウェディングプランナーとしてのキャリアに向けることができました。この業界への情熱は、大学時代にケータリングをしていたときから始まりました。ウエディングプランナーが、装飾からバージンロードの花嫁の送り出しまで、細部にわたって管理しているのを見たのを覚えています。その後、コーディネーターの仕事を経て、プランニングの仕事に移りました。親しい人たちとの駆け落ちから、400人のゲストを招いての盛大な結婚式まで、さまざまなプランニングを経験することができました。このような大切な日をお二人に任せていただき、私たちの努力が実を結ぶのを見るのは、本当に幸せなことです。

メニュー選びの体験談をお聞かせください。
私は、結婚式のディテールを、食事に至るまでパーソナライズすることをお勧めしています。コンフォートフードがお好きなら、チキン&ワッフルにマカロニ・チーズのステーションを組み合わせるなど、クリエイティブに。デートの定番はお寿司?生ものバーも検討してみてください。私は、クリエイティブなステーションやオードブル、ユニークな演出など、ユニークでインタラクティブ、魅力的なダイニングスタイルが大好きです(特にヨットの上では!)。以前、サンフランシスコの有名なイッツイットが大好きなカップルがいて、ドライアイスを貯めてデザートにアイスクリーム・サンドイッチを食べましたよ。

自分たちのブライダルアテンダントがいると、カップルはどのような恩恵を受けるのでしょうか?
私は100%偏見を持っていますが、「結婚式の翼」に値段は付けられないと思います。プランナーとして、私たちはすべてのためにここにいます:一度にいくつかのベンダーをジャグリング、ユニークな家族の力学に敏感である、ブライダルパーティーのラウンドアップ、タイムラインの管理、イベントの流れ、精神的なサポートに至るまですべての方法です結論:ほとんどのカップルは、この種のイベントを初めて計画し、彼らの貯蓄を使用します。それはあなたを励まし、最高の方向にあなたを導くのを助け、あなたが経験を楽しむことを確認する傍観者のチアリーダーを持っていることは貴重なものです

典型的な結婚式の一日、当日についてお聞かせください。カップルは何を期待すればよいのでしょうか?
シャンパンを片手にヘアメイクの椅子に座り、親友に囲まれて一日を楽しむことができるように、ストレスから解放され、プランナーを信頼できるように頑張ってください。挙式前と挙式中は最も緊張するものですが、挙式後は雲の上の存在になることを期待してください。しかし、式が終わった後は、最高の気分になれるはずです。パーティに入る前に、10分ほどふたりきりの時間を作ってください。

ヨットの上で挙式・披露宴を行うことで、カップルはどのようなメリットがありますか?
イベント終了後、ゲストから素晴らしいフィードバックが得られることでしょう。誰もが結婚式に出席したことがあると思いますが、サンフランシスコ・ベイエリアのプライベート・ヨットでの結婚式に出席したことがあるでしょうか?あなたのゲストは、結婚する他の友人たちに、この体験がいかにクールだったかを話すことでしょう。#マイクドロップ

結婚式の準備を始めるとき、新郎新婦が絶対にわからないと思うことは何でしょうか?
「どこから手をつけていいかわからない」......婚約したばかりのカップルは、みんなそう言います。だからこそ、専門家があなたの結婚式の旅をリードすることが不可欠なのです。私たちは、大切な日に向けてのヒント、ガイドライン、次のステップへのアドバイスを提供します。

カップルに贈るアドバイスのトップ5をお聞かせください。

挙式や披露宴の最中に立ち止まって周りを見渡し、会場にあるすべての愛とエネルギーを存分に吸収してください。
あなた、あなた、そしてもっとあなた!結婚式の日は自分自身について考える日です。
小さなことに汗をかかないこと。誰も気づいていません。
1から3までを読み返してみてください。
一日の終わりに、最愛の人と結婚できたのなら、それは成功です。
今までで一番印象に残っている結婚式は何ですか?
私の最初の結婚式は、ずっと好きな結婚式です。もともと彼らの息子の1歳の誕生日パーティーを企画したときに、クライアントが私を見つけてくれたんです。彼らが婚約し、私にプランナーを依頼したとき、私はこの上なく光栄に思いました。当時、私はとても若く、未熟なプランナーでしたが、彼らは私を信頼してくれました。このキャリアを追求し続けることを後押ししてくれ、振り返るたびに、夢を追うように背中を押してくれた彼らのことをいつも思い出すのです。

手抜きをせずにコストダウンを図るには?
ホーンブロワーのような会場を選べば、それだけで手抜きをせずにコストを削減することができます。飲食、レンタル、コーディネーター、DJ、写真撮影などを自社で行っている会場であれば、プランニングの時間とストレスが半減します。

過去に担当した結婚式でのエピソードを教えてください。
この夏一番の暑い日、花嫁が「暑い」と言い出しました。結婚式のゲストが都合よく彼女にポケットナイフを手渡しました。彼女はそれを自分のガウンに持っていき、ダンスフロアの真ん中でショートカクテルドレスにしました。壮大ですね。

ウェディングのカスタム見積もり依頼

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。