マイケル・T・レイノルズ長官代理によると、アルカトラズ・クルーズは最近、国立公園局(NPS)のコンセッショナー・アクセシビリティ賞を受賞しました。この賞は、NPS内のコンセッショナーが運営するプログラムや施設のアクセシビリティを大幅に向上させる模範的な取り組みを評価するものです。
アルカトラズクルーズは、多様な訪問者のニーズに対応するプログラムを開発し、同社のウェブサイト(www.アルカトラズクルーズ.comまた、視覚障がい者向けの音声ガイド、大判の印刷物や点字出版物の提供、すべての事業所における建物やインフラがアクセシビリティ規定に準拠していること、そして「持続可能なイージー・アクセストラム」の利用が可能であることなどが含まれます。
レイノルズ氏は、「アルカトラズクルーズ社の受賞をお祝いできることを光栄に思います」とコメントしています。「障害者の国立公園へのアクセスを改善するための努力に感謝します。また、レイノルズ氏は、「盲人用ライトハウスのようなコミュニティパートナーとの協力により、ベストプラクティスを確立し、従業員に強固で継続的なアクセシビリティトレーニングプログラムを提供していることを称賛します」と述べています。
アルカトラズクルーズのゼネラルマネージャーであるデニス・ラスムッセンは、"私たちはこの名誉をとても誇りに思っており、国立公園局のパートナーからの評価に感謝しています。"とコメントしています。