もし人が実際にサンフランシスコと結婚できるとしたら、ほとんどの人がそうすると思います。全くユニークで、ゴージャスで、胸が張り裂けそうで、素晴らしくて、悲しくて、甘くて、幸せで、思い出深い...サンフランシスコは私に都市に恋する方法を教えてくれました。パートナーとここで結婚するのは理にかなっていると思います。サンディエゴ、ニューヨーク、マリナ・デル・レイ、ニューポートビーチなどの都市にも、それぞれ素敵な特徴があるけれどね。ルース・フィリップスとカルロス・バルガスが結婚式の主賓にこの街を選んだのは、不思議なことではありません。

セレモニーの後、ゲストはその景色に酔いしれました。ヨットはゴールデンゲートブリッジの下をくぐり、アルカトラズ島を一周して戻ってきました。アルカトラズ島は、「ザ・ロック」と呼ばれるように、刑務所のようなイメージで、確かに怖いのですが、それ以外はいたって普通の島です。

シャンパンはいかがですか?

シャンパンを開けると、"さあ、お祝いだ!"という世界共通の合図があるに違いありません。ホーンブロワー・クルーズ&イベントのスタッフは、パーティーのゲストのためにあらゆる種類の飲み物を用意することができます。

魅惑のスイーツ

このウエディングケーキは、最高級のものでした。ホーンブロワー・クルーズ&イベント社が作ったこのケーキは、ストロベリージャムが入ったレッドベルベットケーキでした。おいしそう!

ボールで遊ぶ

結婚式のゲストは、景色、ブランチの品々、音楽、ケーキを楽しみながら、大いに盛り上がりました。サンフランシスコの中心地で挙式と披露宴を行えるという利便性も、リラックスした雰囲気に一役買っていました。

幸せは、幸せな花嫁のために

もし、「幸せな花嫁、幸せな花婿、部屋にいるみんなも幸せ」という言葉がないのなら、あるはずです。ルースは、友人や家族から注目され、愛されていることに感動し、本当に大喜びしていました。それは理にかなっていますよね。誰もが結婚式の日を夢見ています。でも、親しい友人や家族、大好きな街と一緒に過ごすという小さなことが、なぜか完璧なものになるのです。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。