アメリカのナショナル・マリタイム・デーは、我が国で最も重要な産業の一つを認識する由緒ある伝統行事です。アメリカの海運産業と、それがアメリカにもたらし、今ももたらしている恩恵に敬意を表し、この祝日はまた、アメリカの海運の歴史に貢献した船舶と船員を称えるものです。
5月22日は、蒸気船サバンナ号がアメリカからイギリスに向けて出航し、蒸気推進による大西洋横断に初めて成功した日であることから、アメリカが「National Maritime Day」を祝う日となっているのである。
アメリカの商船隊の重要性を示す例として、第二次世界大戦中には25万人以上の隊員が国に尽くし、6700人以上が命を落とし、数百人が捕虜として拘束され、800隻以上が沈没したり損傷を受けたりしたことが挙げられます。
2006年、海事局は米国港湾協会、米国陸軍工兵隊、Waterways Council Inc、米国沿岸警備隊、米国海洋大気庁、その他海事産業に関わる団体と協力し、海事産業全体を称えるために「National Maritime Day」の認知度を高めることにしたのです。
米国はこれまでも、そしてこれからも、偉大な海事国家であり続けます。13の英国の植民地として誕生して以来、平和と紛争のあらゆる段階において、商船隊はこの国の繁栄と安全保障の基盤を支える柱となってきました。世界最大の経済を支え、世界中の貿易相手国との絆を深める一方、軍隊や物資を必要なところへ輸送し、軍隊を支えているのです。
サンフランシスコの海運の歴史に興味がある方は、サンフランシスコ・マリタイム国立歴史公園を訪れ、太平洋岸の海運の歴史の光景、音、匂い、物語を堪能してください。公園内には、壮大な歴史的船団、ビジターセンター、海事博物館、海事研究センター、アクアティックパーク歴史地区があります。一番のお勧めは、毎日10:00amから4:00pmまで開館している海事博物館です。詳しくは、https://www.nps.gov/safr/index.htm。
ナショナル・マリタイム・デイにちなんで、米国市民は米国旗を掲げることが規定されています。