バッテリーパークからは、自由の女神像やエリス島までの息を呑むようなウォーターフロントの景色を楽しむことができます。公園内には、港に停泊している何十隻ものフェリーボート、色とりどりの花々、見事な噴水、街の彫刻やモニュメント、記念碑などがあります。公園内には、1812年の戦争を想定して建てられた有名なクリントン城もあります。バッテリーパークには、レストラン、ワークショップ、地元の人や観光客が参加するイベントなど、さまざまな見どころがあります。

マンハッタン島の最南端に位置し、ニューヨーク港に面したこの公園の名前は、かつて開拓地を守るために設置された大砲の砲台の数に由来しています。クリントン城は、1812年の戦争を想定して建設されました。1855年から1890年の間、この城は最初の移民局として使用され、800万人以上の移民が到着してドアを通過しました。キャッスル・クリントンは、移民局としてだけでなく、一時は1日に5,000人以上が訪れるニューヨーク水族館としても利用されていた。水族館がバッテリーパークを閉鎖してコニーアイランドに移転すると、クリントン城は国立公園局(NPS)によって修復された。その後、1975年に一般公開されました。

現在、キャッスル・クリントン国定公園は、スタチュー・シティ・クルーズのチケットオフィスとして使われています。