ここ数週間、サンディエゴの海岸でシロナガスクジラが定期的に目撃されています。ホーンブロワー・クルーズ&イベントでは、シロナガスクジラやその他のヒゲクジラを探しに沖へ出るホエールウォッチング・クルーズを間もなく開始します。夏のホエールウォッチングクルーズは6月29日から夏の終わりまで、金曜日から月曜日まで開催されます。

シロナガスクジラはなぜそんなにエキサイティングなのでしょうか?この巨大な動物は地球上で最も大きく、体長は100フィート(アドベンチャーホーンブロワーの約2/3)、体重は150トン(アメリカの平均的な家の重さよりわずかに小さい)に達します。シロナガスクジラの潮吹きは高さ3メートルにもなり、船長やナチュラリストは遠くからシロナガスクジラを見つけることができます。シロナガスクジラが浮上するときは、通常、まず潮吹き、次に頭、青みがかった灰色の体、小さな背びれ、そして最後に運がよければ尾びれが水面上に浮き上がるのを見ることができます。

ブルースはなぜ地元の海にやってくるのか?夏、南カリフォルニアの栄養豊富な沿岸海域には、大量のオキアミが生息しています。そして、エビのようなオキアミは、餌を探す空腹のクジラの磁石となる。シロナガスクジラは、コククジラや他のヒゲクジラ同様、口の中にブラシ状のヒゲを持ち、オキアミなど小さな塊の餌を水中から漉し出すのに使用する。大人のシロナガスクジラは、1日に4トンものオキアミを食べることができるそうです。

また、シロナガスクジラのページでは、シロナガスクジラやその他の海洋生物についてより詳しくご紹介しています。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。