サンディエゴ自然史博物館(theNat)訓練ドクトル・ホエラーKen Shelby氏による2014年3月3日のレポートです。

サンディエゴの冬の嵐の3日後、今朝の太平洋は晴天に恵まれました。 キャプテン・ビルがアドベンチャー号を9マイルバンクに走らせたとき、少し波があり、風が強かったが、約6マイル先に1000から2000頭のイルカのメガポッドを発見したときの興奮は冷めやらなかった。 母子イルカのペアが多く、カマイルカが1頭混じっているとの報告もあった。 ナガスクジラの潮吹きを見たと思ったが、潮吹きを見た場所に行くと、クジラはいなかったからだ。 しかし、私たちが戻る前に、非常に見つけにくい北向きのコククジラをやっと見つけることができました。

午後のクルーズは、少し波が高く、風が強かったため、ブローを見つけるのがより難しくなったが、今回はナガスクジラが少し協力的だった。 私たちが見た4頭のうちの1頭は、私たちの近くを泳ぎ、背の高いブローとブローホールから背びれまでの大きな背中を見せながら、5回に分けて水面に出てきて、壮観なショーを見せてくれました。 帰りにSD1に近づくと、南向きのグレーを発見し、数分後に北向きのグレーが現れました。"

写真:Joe Dutra隊長

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。