ホーンブロワー・クルーズ&イベント社は、本日、キム・ライト氏をビジネスおよび市場開発担当副社長として採用したことを発表しました。新しい役割として、キムはホーンブロワー・ニューヨーク(プライベートチャーター、観光クルーズ、公開ディナークルーズ)およびニューヨーク・フェリーを含むホーンブロワーの東海岸のマーケティング業務を監督します。

ホーンブロワー社への入社は、ライト氏にとって港への里帰りのようなものです。ライト氏の観光業界でのキャリアは、リバティフェリーの前運営会社で始まり、9月11日の余波で船の舵取りを手伝いました。その後、イントレピッド海上航空宇宙博物館(Intrepid, Sea, Air & Space Museum)に移り、歴史的なリニューアルオープンの際に営業・観光部門を管理した後、国立9月11日記念博物館の収益・ビジネス分析担当上級副社長を務め、毎年来館者数の増加に貢献しました。

「ホーンブロワー・クルーズ&イベントの上級副社長であるキャメロン・クラーク氏は、「キムの観光業界でのキャリアはハーバーで始まり、ホーンブロワーでハーバーに戻る道を見つけたことはまさにうってつけでした。「この20年間、観光産業がどのように発展してきたかについてのキムの幅広い知識は、水路でのフェリー旅行、輸送、レジャーの大きな需要が続く中、非常に貴重なものとなるでしょう。

ホーンブロワー社に入社する前は、タイムズスクエアのNFLエクスペリエンスのゼネラルマネージャーとして、ファン体験、店舗運営、施設警備を監督していました。

「ホーンブロワー・クルーズ&イベントのビジネス・マーケット開発担当副社長であるキム・ライトは、「私はニューヨークに住み、探索し、宣伝することが大好きです。「そして、ホーンブロワーの船に乗ることを選択する何百万人もの訪問者のために、さらに素晴らしい体験を創造することを楽しみにしています。

ホーンブロワー社は10年以上前にニューヨークでの事業を開始して以来、同社の提供する数々の食事や観光のエクスカーションを通じて、ニューヨークの何百万人もの地元の人々や観光客に素晴らしい体験を提供してきました。昨年、ホーンブロワーは、ニューヨーク市において100年以上ぶりに市全体を対象とした新しいフェリーサービスであるNYCフェリーサービスの運航を開始したばかりで、約1年半前の運航開始以来、約650万人の乗船者を乗せています。

ライトさんは生粋のニューヨーカーで、現在はブルックリンのベイリッジ地区に在住しています。ニューヨークの成長著しい地域を探検していないときは、次の旅の計画を立てたり、お菓子作りを楽しんだりしています。 ホーンブロワー・クルーズ&イベントの詳細については、こちらをご覧ください。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。