サンディエゴの有名なホーンブロワーが、夏の間、ホーンブロワー号で自分のホーンを吹きます

デイヴ・スコットは、KUSI-TVの視聴者にサンディエゴの天気予報を伝えている時以外は、ジャズを愛する聴衆のためにトロンボーンを吹いているのです。テレビとライブの両方に出演しているため、街で見かけることの多い人物です。

ホーンブロワー・クルーズ&イベントは、デイヴ・スコットが5月12日から9月1日までホーンブロワーのサタデージャズブランチクルーズで、夏のサンディエゴのデッキ(スカイデッキ)で演奏することを発表しました。

カナダ出身でハワイと南カリフォルニアで育ったデイヴは、新聞配達で稼いだお金を貯めて最初のトロンボーンを買い、伝説のルイ・アームストロングのトロンボーン奏者、トラミー・ヤングからレッスンを受けた。

ハワイのカラヘオ中間学校では、いくつかのバンド賞を受賞し、ホノルル交響楽団で2年間の奨学金を得ることができました。カイルア高校では、元スタンケントンのトランペット奏者、ノーマン・バルタザールに師事しました。

「ジャズで生計を立てるのは難しいので、経済的な理由から、最終的には気象予報士になりました」とデイブは言う。

国立気象局で学んだ後、アリゾナ州ユマのKYMA-TVで平日の天気予報を担当し、その後、サンディエゴのKUSI-TVで週末の天気予報のアンカーを担当するようになりました。デイブは現在、アメリカ気象学会から放送気象学の認定証を得ており、NATASシルバーサークルの入会者でもあります。2017年、彼はテレビ出演25周年を迎えました。

熟練したジャズトロンボーン奏者、作曲家として、パク・ジョンホー指揮サンディエゴ室内管弦楽団、サンディエゴ・ユース・シンフォニーなど、数多くのコンサートでソリストを務めています。

最近では、サンディエゴ交響楽団ポップスのトロンボーンセクションで、アメリカンソングブックの伝説的人物マイケル・ファインスタインのバックで演奏したり、ティフェレス・イスラエル・オーケストラのゲスト演奏者として、ラテンジャズの巨匠アーヴィン・フローレスのアレンジとオーケストレーションによる彼のオリジナル曲を演奏したりしています。

また、スティーブ・アレン、ロバート・グーレ、メル・トーメ、ビル・ワトラス、トニ・テニール、エド・マクマホン、ジミー・バフェット、キャロル・チャニング、さらにはウェイン・ニュートンやCNNのラリー・キングらと一緒に歌う機会があり、独特の音楽の瞬間を共有してきました。彼の作曲した曲は、KSDS Jazz 88やKIFM's Morning Drive Showなどのラジオやテレビで紹介されています。

「15歳の時、奨学金をもらってホノルル交響楽団で勉強した。アービー・グリーンやビル・ワトラスのレコードを買いあさった。

ウクレレを始めた彼は、グロスモント高校を卒業後、9年間フロ・ブリガムのもとで演奏し、また次のようなソカロのローカルアーティストと活動してきました。

ダニエル・ジャクソン、グレン・フィッシャー、そしてファットバーガーのフロントマンであった故ホリス・ジェントリーの3人です。 デイヴ・スコットの歴史については、こちらをご覧ください。

この夏、トロンボーンのDave ScottとキーボードのBobby Lanuza(元サンディエゴチャージャーズのバンドディレクター)による土曜シャンパンブランチ・クルーズのご予約は、888 Hornblowerまでお電話いただくか、hornblower.comでオンライン予約してください。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。