アプリを使ったり、配布資料、スピーカーの経歴、アジェンダ、ショーガイドを入れたUSBメモリを提供したりして、ペーパーレス化を進めましょう。CrowdCompassのモバイルアプリを利用すると便利です。
季節の食材を使ったメニューを考案する(例:冬、秋)。
サステナブル・ハーベストのコーヒー、紅茶、チョコレートを使用する。
ファーム・トゥ・テーブルのケータリングや会場との関係を構築する。
企業イベントに "Ocean to Table "のシーフードダイニングを取り入れよう
ペットボトルではなく、水差しを用意する。
参加者に詰め替え可能な水筒を渡し、充填ステーションを設置する。
すべての使い捨て用品が持続可能で、可能であれば堆肥化可能であることを確認する。エコキットはコンポスト可能な皿、カップ、グラス、カトラリーで構成されています。
持ち帰り用のランチやスナックは、再利用可能な容器やバッグに入れて提供する。ランチスキンは、企業のイベントのテーマに合わせて、様々なデザインのものがあります。
紙製品、缶、瓶は再利用しましょう。
参加者が紙製品、缶詰、食品、ゴミを分別して捨てられるように、ゴミ箱を設置しましょう。メビウス・4コンパートメント・リサイクルボックスをチェックしてみてください。
バッジホルダーや名札をリサイクルするための容器を設置しましょう。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。