すべては、コインをはじくことから始まった。ペニー・チェネリーとオグデン・フィップスは、引退したサラブレッドと交尾させる最高の雌馬を、運命に任せることにしたのだ。ほどなくして、サムシングロイヤルは華麗な若駒を出産した。名前のないまま生まれ、5回も名前を変えられたが、ジョッキークラブはついに彼をセクレタリアトとして認めた。彼はバージニア州生まれの豪華な栗毛の種牡馬だった。アメリカン・サラブレッドで、スピードと持久力を兼ね備えていた。数年にわたる育成と調教を経て、彼はレースに出場する準備が整った。2歳という若さで、セクレタリアトは将来性のある優秀な競走馬として認められました。数々の賞を受賞しながらも、セクレタリアトの未来は誰も想像できなかった。

1973年6月9日、セクレタリアトが三冠を達成した。ケンタッキー・ダービーで、スタートで出遅れたものの、周回を重ねるごとに先行馬に差をつける。その結果、ダービーをレコードタイムで制覇した。次はプリークネスステークス。ここでもセクレタリアトは最後方からの競馬となったが、後続を大きく引き離してのゴールとなった。タイムに誤差があり、レコードタイムを更新できるかどうかが注目されたが、セクレタリアトたちの関心はベルモントステークスに移っていた。5頭立てで行われたレースで、セクレタリアトは他の馬を置き去りにするように走り出した。ライバルが疲れても、セクレタリアトは走り続け、2着馬に31馬身差をつけ、2分24秒台のレコードタイムを叩き出した。これは、レース中、時速37.5マイルという驚異的なスピードで走っていたことを意味する。セクレタリアトは正式に三冠馬となり、アメリカ全土で祝福された。

セクレタリアトは、数々の記録を打ち立てた伝説の競走馬ですが、それ以上に、人々を結びつける力がありました。今年のカリフォルニアクロームのように、世界中の人々がセクレタリアトの周りに集まってきたのだ。クロームは、36年ぶりに次の三冠馬の座に近づいた馬である。ケンタッキーダービーとプリークネスステークスでは好成績を収めたが、ベルモントステークスでは名馬の称号を手にすることはできなかった。スタートで出遅れたクロームは、その遅れを取り戻すことができず、1着でゴールした。勝利と新記録に満ちた一日であったが、カリフォルニアクロームが三冠を達成し、セクレタリアトと並んで歴史に名を残す日とはならなかった。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。